SNSでのシェアや保存はコチラ

台湾のSNS事情をどこよりも詳しく解説!ラインの人気がすごい!

SNSでのシェアや保存はコチラ

台湾のSNS事情をどこよりも詳しく解説!ライン人気が半端ない!

台湾のSNS事情をどこよりも詳しく解説!ライン人気が半端ない!

どうも〜、ゴダです。

先日、日本の友達が「SNSやってる人って減ったよね」と言っていました。

確かに言われてみるとFacebookを更新してる日本人って減ったような気がする・・・。

一方、わたしの感覚ではかなり多くの台湾人が日常的にSNSをやってる気がします。

実際、2017年の統計では1週間以内に3回以上FacebookかLineを見るという人が全体の8割以上もいたんだとか。

確かにわたしの嫁のお父さん(60歳)など、年配者もガンガンFacebookを更新していますね・・・。

というわけで今回は台湾のSNS事情が気になったので、中国語でいろいろ資料を調べてみました。

興味のある人はどうぞごらんください〜。

※以下は、2017年に資策會創新應用服務研究所(創研所)FIND團隊が12歳〜55歳の台湾人を対象に行った調査の内容です。

※「PTT」は台湾の大型掲示板のこと。日本の2ちゃんねるのようなサイトです。

スポンサーリンク

さっそく解説!台湾人が好きなSNSはどれ?

各SNSアカウントを持っている台湾人の割合

各SNSアカウントを持っている台湾人の割合(12歳〜55歳)

この調査によると、台湾人の90.9%がFacebookアカウントを、87.1%がLineアカウントを持っており、この二つが不動の人気トップ2となっています。

なお、台湾でのLINE人気は相当なもので、55歳以上でさえも6割程度の人がLINEを日常的に使用しているのだとか。(すげぇ)

ちなみに3位以下はYoutube、PTT、Instagram、微信(Wechat)、Twitterの順で人気があり、それ以降はDcardやPlurkなど日本ではあまり聞きなれないSNSの名前があがっています。

※LINEが使えないのは香港・マカオを除く中国大陸。台湾はラインが使えます。

台湾人は平均して1人につき4つのSNSアカウントを持っている

この調査によると、台湾人は平均して1人につき4つのSNSアカウントを持っているようです。

わたしはFacebook、Line、Youtube、Instagram、微信(Wechat)、微博(Weibo)Twitter、LinkedInと多くのアカウントを持っているので、4つが多いのかどうかピンときません。

皆さんはどうですか?4つより多くのアカウントを持っていて、日常的に更新していますか?

でもやっぱり冷静に考えて見ると、12歳から55歳を平均して4つのアカウントを持っているということなので、これはかなり多いのかもしれません。

各SNSを週に3回以上使用する割合。やはりLINEとFacebookが2トップに。

各SNSを週に3回以上使用する割合

各SNSを週に3回以上使用する割合

LINEとFacebookに関しては、約85%の人が週に3回以上使用しています。

確かに、台湾でのLINE普及率はものすごいですよ。

「会社の仲良しの同僚」、「家族」、「大学の仲がいいグループ」など、かなり細かくグループ分けされていて、いつもグループ内でチャットしている感じです。

台湾では必須の連絡手段として強制的にLINEに加入させられるので、LINEアカウントがないと全ての連絡がとどこおります。

だからLINEが嫌いという人は、台湾で生きていくのはけっこう大変かもしれません。

あと、Facebookの普及率も半端ないですね。

もうね「インスタかよっ!」ってツッコミたくなるくらい皆んな写真をバンバンアップしています(笑)

※「ツイッターかよっ!」ってツッコミたくなるくらいフェイスブックでつぶやく人も多い。

あとはYoutubeも安定的に人気かなと。

以前も “台湾の人気YouTuber7選!中には驚きの84歳ユーチューバーも” で紹介したんですが、台湾にも「網路紅人(網紅)」と呼ばれるネット上の有名人がたくさんいます。

だから日常的にYoutuberの動画を見ている台湾人はけっこういますね。

それから日本と決定的に違うのはTwitterの普及率の低さ。

ツイッターも繁体字バージョンを公開しているのですが、なぜか台湾人はツイッターよりインスタが好きです。

なんでだろう・・・?逆に、日本人が議論好きすぎるのかな??

台湾男女別のSNS使用率

台湾男女別のSNS使用率

台湾男女別のSNS使用率

男女別の比較からわかる傾向は、全体的に男性の方がSNSを多く利用しているという点。

これは私の偏見かもしれませんが、女性の方が好んでSNSを使っていると思っていたので、予想とだいぶ違いました。(特にインスタとか)

なんでだろう・・・?女性の方がリアルが充実しているのかな?

また、女性の方が個人を特定できる情報を載せたくないのかと考えました。

でも台湾人はあまりそういうのを気にしないし、やっぱり理由は謎のままです。

台湾年齢別のSNS使用率

台湾年齢別のSNS使用率

台湾年齢別のSNS使用率

ここまで何回も述べてきたように、どの年齢層でもやはりFacebookとLineが2トップです。

そして特に目を引くのが、12歳から24歳の若者の間ではYouTube、Instagram、PTT、Dcardが人気という点。

さらに、25歳以上になると「微信(ウェイシン、Wechat)」の使用率が増えている点も興味深い点かなと思います。

ちなみに微信とは、中国大陸で主流のラインのようなSNSです。

25歳以上になると仕事で中国に行ったりプライベートでも国外の友達ができたりするので、微信の使用率が高くなるのでしょうか?

これも私の推測にすぎませんが、私も仕事や海外旅行で中国人と連絡先を交換するときは必ず微信になるので、25歳以上の台湾人も私と同じ感じなのでしょう。

最後に:私はラインが嫌いだけど我慢して使ってます

台湾で友達を作るなら、やっぱりフェイスブックとラインは必須!

特に複数の台湾人と友達になった場合は共通のグループに入れられることが多いので、

しょっちゅう自分と関係のない通知がきてウザく感じることもあります(笑)

でもラインを持っていないと皆んなと情報が共有できないし、自分が知らない間に話が進んでいるなんてこともあります。

だから例えラインが嫌いでも、台湾人と深く関わるとなると我慢しないといけないですね・・・。

実は、かくゆう私も最初はラインが大嫌いでした。

既読スルーしちゃうと相手に気を使うし、いつでも連絡を強要される感じがして苦手だったのです。

でも今はなんとなく慣れてきたかな。

ちなみに最近は文字じゃなくて上のスタンプを多用しまくってる・・・。

このスタンプ、文字を打たなくても「了解」て伝わるから便利なんだよね・・・。

みんなからテキトーな人と思われてなければいいけど・・・。

というわけで、こんな感じで私は台湾で生きています。

今回はここまで!



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー