スポンサーリンク

【一人旅を最高に楽しむ持ち物】2018年にほしいアイテム

must item for solo travel

must item for solo travel

こんにちは、ゴダです。

先日、海外のプロブロガーさんたちに最新のガジェットを見せつけられました。

実は私、これまでずっと「旅行の持ち物なんて最低限でいい」と思ってたんですよ。

でも彼らのアイテムを見て「このガジェットがあれば旅行が数倍楽しくなる!」って確信したんですよね。

つまり、これまでは無頓着だったんだけど、完全に考え方が変わっちゃったんですよ。

というわけでここでは、わたしが現在注目している”一人旅を最高に楽しむためのアイテム”を紹介していきます。

2018年こそは最高のアイテムをそろえて人生をエンジョイするぞ〜!

スポンサーリンク

2018年、海外一人旅を最高に楽しむアイテム

機内持ち込みできるスーツケース

まずはLCC(格安航空会社)の機内に持ち込めるスーツケースの紹介です。

ほとんどのLCCが、高さ55cmまでのスーツケースなら機内に無料で持ち込むことができると規定しています。

機内持ち込みだと到着空港で荷物を待つ必要がありません。

なので、旅行の時間が最大限に利用できるし、何より気持ちが楽です。

というわけでここでは、値段が高すぎず、でも頑丈で、見た目がかっこいいものをご紹介します。

↑↑メタリックなボディがかっこいい。見た目だけで言ったらこれかも。もちろん有名メーカーなのでボディとローラー部分も頑丈。

↑↑これも有名メーカーのもの。軽くて丈夫。布っぽい材質が好きな人にオススメ。

↑↑安心の日本製。とにかく軽すぎて、心配になっちゃう人多数。

レビューを見るとどれも強度や操作性には問題ないようなので、

最終的にはやっぱりデザインや素材で決めることになるのかなと。

ちなみにわたしは上の三つなら正直どれでもいいんだけど、本命は1番目のやつかな。

シックなデザインが気になってます。

防水性バックパック

これはわたしが現在使用しているもの。

防水性で強度もあり、収納が多くて多機能です。

もちろん、中にはウレタンパットが入ったPC入れがあり、PCをしっかり守ってくれます。

ファスナー部分にはカバーがついており、このカバーをしておくとファスナー部分から水が侵入する心配もまずありません。

欧州旅行で数ヶ月使用しましたが、 ナイロンのような素材でできていて水拭きができるので、今でも綺麗です。

速乾タオル

干しておけば数時間で乾きますので、一つあれば長期滞在でも問題ありません。

旅行タオルはこれだけ持っておけば大丈夫ですので、行動がかなり身軽になります。

行動が身軽になると旅行も楽しくなるものです。

ちなみにどのブランドのものでも性能はあまり変わらないので、お好きなものをどうぞ。

海外旅行用変圧器 変換プラグ付き

いまやスマホやタブレットの充電器の電圧は全世界対応のものがほとんどです。

なので、スマホやタブレットのみを使用するなら、コンセント変換プラグだけ購入すればOKです。

ちなみにこれは私が知りうる中で最も小さいサイズのコンセント変換プラグです。

つまり、これ一つで世界中どこのコンセントにも挿せます。

なお、ドローンやデジカメなどの精密機械を使用する場合は、電圧が違うと故障してしまうので、ちゃんと変圧器も持っていきましょう。

(パソコンやスマホは最初から全世界に対応しているものが多く変圧器なしでもOK。)

これは変圧器と変換プラグがセットになった商品です。

つまり、これだけ持っていればどこの国でも安心して電化製品が使えます。

モバイルバッテリー

現在10,000mAh以上のもので最小・最軽量なのがこのアイテム。

ちなみに10,000mAhといえば、iPhone7を3.5回ほどフル充電できる容量です。

いまやスマホは調べ物や地図以外にも使用頻度が高いです。

海外で電池が切れちゃうとけっこう不安なので、10,000mAhのものを持っていると便利です。

PC周辺機器の収納袋

充電器やイヤホンやSIMカードなど、カバンの中でぐちゃぐちゃになりがちです。

しかしこの収納ポーチがあれば綺麗に整理することができます。

スマホ用カメラレンズ

スマホレンズには大きく、魚眼レンズ、広角レンズ、マクロレンズ、望遠レンズなどがあります。

中でも特にほしいのが広角レンズ。

やっぱり旅行した時に主に景色を撮るので、広い範囲が撮れるようになりたいです。

というわけで現段階では以下の商品に目をつけています。

この値段で、広角レンズとマクロレンズの二つが付いてきます。

「一眼レフを買うほどでもないけど、スマホで多様な写真が撮りたい」

という人にオススメです。

↓↓使用例

スタビライザー

これがあればどんな場面でも水平な写真を撮ることができます。

自分の体がクネっているときや、地面が安定しないとき、振動があるときに重宝します。

↓↓使用した感じ

激しく動いてるときでも画面がブレてません。

また、動画だけでなく、写真を撮るときにも重宝します。

コンパクト・ドローン

重量300g、手のひらサイズの軽量ドローンです。

しかし値段を見ても分かる通り、その性能は確かです。

↓↓参考動画

動画撮影をしたい人は絶対に持っておきたいアイテムの一つです。

ただし国によっては規制もあるので注意しましょう。

一眼レフカメラ

いま個人的に一番悩んでるのがコレ。

とにかくメーカーや種類が多いので、何を買ったらいいのかが分からない。

特にわたしの場合は全くのカメラ初心者なので、予備知識がなく判断しようがありません。

大きな買い物なので、とりあえずはソフマップなどで中古のものを買って、

しばらく使って扱いに慣れてから新品を買おうと考えています。

スポンサーリンク

最後に

全部買うと20万円くらいになっちゃうので、徐々に買っていこうと思います。

まずは緊急性の高い一眼レフカメラやスタビライザーから。

というのも今回各国のプロブロガーさんに会って、

「画像や映像の力ってすごいな」と感じたからなんです。

ガジェットや動画に詳しい人からしたら今さら感があるでしょうが、

門外漢のわたしは彼らの技術や作品を見て妙に感動してしまったのです。

というわけで2018年に買いたいガジェットはここまで。

ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー