SNSでのシェアや保存はコチラ

ゴダの北北基おもしろカード旅行1日目 〜九份、平渓の電子ランタン、基隆廟口、美麗華の観覧車、西門のホテル「永安棧」〜

SNSでのシェアや保存はコチラ

北北基おもしろカード

北北基おもしろカード

ゴダ
來認識我吧♪中文版自我介紹在此

ツイッターを見ていただいてる方なら知ってるでしょうが、

先日、2泊3日で『北北基好玩卡(北北基おもしろカード)』の取材旅行にいってきました。

これは、アジア各国のブロガーを台湾に呼び、このカードの魅力をPRしてもらうという台湾観光局主導の企画です。

というわけでこの記事はカードのPR文なんですが、絶賛ばかりしていても胡散臭いですよね。

なので、このカードのいいところも悪いところも素直に書いていけたらと思います!

※このカードを使うとバスやMRTが乗り放題になり、101タワーや故宮博物院など12の観光地も無料になります。カードの詳しい説明は “台湾旅行の交通費・入場料を最大60%OFFできる「北北基好玩卡(北北基おもしろカード)」” をご覧ください。

スポンサーリンク

北北基おもしろカード旅行 1日目

朝、瑞芳駅にて。

朝の瑞芳駅

朝の瑞芳駅

瑞芳に来るのはこの日が2回目だった。

1回目は10年前の初台湾旅行で、九份へ行く途中に寄ったのだ。

あれから10年。まさか自分が仕事で瑞芳を訪れることになるとは思わなかった。

今では台湾人の言葉も分かるようになり、当時のような新鮮な感覚はない。

だけど瑞芳駅の駅舎を見上げると、当時のことをちょっと思い出してしまった。

旅行ツアーのバスにて

旅行ツアーのバスにて

旅行は音楽に似ているかもしれない。

音楽を聴いている時と同じで、旅行の写真を眺めていると当時のことを思い出すからだ。

当時の僕は大学卒業をひかえ、将来に対し期待と不安を抱いていた。

(と同時に当時付き合っていた女性とモメていた)

いろいろな記憶が鮮明によみがえってきて、なんだかちょっとセンチな気分になった旅行のスタートだった。

昼、九份にて。

九份で集合写真

九份で集合写真

阿妹茶樓で昼食

阿妹茶樓で昼食

昼は九份の有名な茶藝館「阿妹茶樓」で食事をすることに。

日本、台湾、韓国、香港、マレーシア、タイからブロガーが集結し、気分はまるで修学旅行だった。

わたしの隣はタイ人のkant。(左の黄色い人)

英語で話していたので100%思いを伝えることは難しい。

だけど、言葉の壁があっても、雰囲気で気が合うか合わないかって分かるんだよね。

そこでいうとkantは間違いなく友達になれるタイプの男だった。

言葉で説明するのは難しいけど、沈黙が続いても気まずくならなかったんだ。

kantのブログ → Kant’s Journey

※ただしタイ語で読めない。

午後、平渓で電子ランタンを飛ばす。

電子ランタンを飛ばしに平渓へ

電子ランタンを飛ばしに平渓へ

十分・平渓というと、ランタンを飛ばせることで有名だ。

しかしランタンは全て山の中に落ちるため、ゴミの問題があとをたたない。

というわけで開発されたのが “電子ランタン” なんだけど、果たして “電子ランタン” とは一体!?

ちなみにこの “電子ランタン” 、北北基おもしろカードで無料で飛ばすことができる。

もちろんこのカードを使えばここまでの交通費も無料なので、金銭的には気軽に来ることができる。

まずはカードをスキャン

まずはカードをスキャン

まずは提携先のお店でカードをスキャンします。

これで会計完了!

ちなみにここの電子ランタンは一回150元(約563円)。

どんなメッセージにしようか考える私

どんなメッセージにしようか考える私

その後、ランタンのデザインを紙に描いていきます。

ゴダラボ be with you. 2018

ゴダラボ be with you. 2018

出来上がったら店員さんに提出します。

これを機械でスキャンして、電子ランタンに投影するというわけです!

それにしても「ゴダラボ be with you. 2018」て・・・(笑)

絵心がないので文字だけにしときました(笑)

自分のランタンが外のスクリーンに映し出される

自分のランタンが外のスクリーンに映し出される

幻想的な音楽とともに自分の描いたデザインのランタンが外の巨大スクリーンに映し出されます。

確かに環境に優しいことは分かるんだけど、やっぱり本物のランタンが飛ばしたいな・・・。

でも台湾の環境のことを考えるとそんなことも言ってられないのかな。

ちょっぴり複雑な気持ちになった電子ランタンでした。

最後はみんなで集合写真!

最後はみんなで集合写真!

左の看板を見てもらえば分かるけど、なぜかここは交番も兼ねています(笑)

ツッコミどころ満載ですね。

波麗士天燈館

New Taipei City, Pingxi District, Section 2, Jing’an Rd, 141號
土日:16:00-20:00
平日:16:00-19:00
休み:中国新年の大晦日
料金:150元(北北基おもしろカードで無料に)
公式サイト

夕食、基隆廟口へ。

基隆廟口の入り口

基隆廟口の入り口

タイ人ブロガーのkantとソーセージ

タイ人ブロガーkantとソーセージ

顔芸

顔芸

日本メディアのミキさんも顔芸か?

日本メディアのミキさんも顔芸か?

基隆夜市で絶対に食べたいのが、

呉記螃蟹羹(カニスープ)

呉記螃蟹羹の油飯

王記天婦羅(さつま揚げ)

吳家鐤邊趖(米麵のスープ)

沈記泡泡冰(シャーベット)

陳記泡泡冰(シャーベット)

一口吃香腸(甘口ソーセージ)

營養三明治(揚げパンサンドイッチ)

このあたりの屋台。

特に個人的に何度でも食べたいのが「營養三明治(揚げパンサンドイッチ)」。

ここは数分間待つけれど、それだけ人気があるということです。

營養三明治(揚げパンサンドイッチ)

營養三明治(揚げパンサンドイッチ)

サクサクの揚げパンに、甘くてとろみのあるマヨネーズが特徴的。

甘いのが苦手な人には向いてないかも。

基隆廟口

No. 20, Aisi Road, Ren’ai District, Keelung City, 200
時間:毎日17時ごろから24時ごろまで
休み:なし

夜、美麗華の観覧車に乗る。

美麗華(ショッピングセンター)

美麗華(ショッピングセンター)

美麗華とは、MRT劍南路駅にあるショッピングモール兼映画館のこと。

観覧車もあるガチガチのデートスポットなんだけど、

噂によると北北基おもしろカードで無料で観覧車に乗れるとのこと。

観覧車のチケット売り場でカードを見せる

観覧車のチケット売り場でカードを見せる

すると、搭乗券がもらえる

すると、搭乗券がもらえる

観覧車からは台北市が一望でき、101タワーも見えるよ!

観覧車からは台北市が一望でき、101タワーも見えるよ!

僕とデートtonight?

僕とデートtonight?

実際はkant氏とのデートでした!

実際はkant氏とのデートでした!

高所恐怖症にはちとキツイけど、それでも台北市の夜景が一望できるのは魅力的。

しかもカードを使うと料金(平日150元、休日200元)がタダになるのはありがたい。

個人的には美麗華はショッピングモールなので観光には適さないけど、

それでも食事する場所が多くてお土産も買えるし、おまけに夜景まで見れる。

だからカードがある人はついでに寄ってみるのもいいだろう。

美麗華

No. 20, Jingye 3rd Road, Zhongshan District, Taipei City
営業:11時〜22時
観覧車:平日150元、休日200元

1日の終わりに、ホテルへチェックイン。

西門町にある「永安棧」

西門町にある「永安棧」

今回のホテルは西門町にある「永安棧」というホテル。

MRT西門町から歩いて1分の4つ星ホテルで、一泊だいたい4000元といった価格帯。

そしてなんとここも、北北基おもしろカードを持ってる人はいくつか特典がある模様。

お酒が一杯無料でもらえる

お酒が一杯無料でもらえる

例えばコレ。

フロントで北北基おもしろカードを見せると、お酒が無料で一杯もらえちゃう。

嬉しいもてなしだ。

また、手土産だってある。

わたしは永安棧のカレンダーとスマホ充電器の延長コードのようなものをもらった。

部屋は清潔で広々としている。

部屋は清潔で広々としている。

というわけで一日目は無事に終了。

電子ランタンとか美麗華は自分ではなかなか行かない場所だけど、

たまには自分の意思とは別に、カードが使える場所を中心に回ってみるのもいいかもしれない。

そうすることでまだ知らない台湾を楽しめる気がしたんだ。

そんなことを考えながら寝床につく私なのであった。

永安棧(日本語:ウェストゲートホテル)

No. 150, Section 1, Zhonghua Road, Wanhua District, Taipei City

予約はこちら→永安棧(ウェストゲートホテル)

2日目につづく

1日目の割引額・結果発表

電子ランタン:150元(約560円)

美麗華の観覧車:最大200元(約750円)

ホテルのお酒:40元程度(約150円)

交通費合計:195元(約740円)

ホテルの手土産(カレンダー):プライスレス

合計:最大585元(約2200円)

北北基おもしろカード(3日間)は1900元(約7140円)でした。

だから2日目には101タワーの89階展望台(600元)にも登る予定なので、

このペースだと元が取り返せそうですね!

北北基おもしろカードの提携している観光地・購入方法などはこちら↓↓

台湾旅行の交通費・入場料を最大60%OFFできる「北北基好玩卡(北北基おもしろカード)」

2日目につづく

ゴダ
來認識我吧♪中文版自我介紹在此



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー