【台湾旅行】台北・高雄への飛行時間(フライト時間)と時差

【台湾旅行】台北・高雄への飛行時間(フライト時間)と時差

【台湾旅行】台北・高雄への飛行時間(フライト時間)と時差

ここでは以下の4点について解説しています。

①日本から台湾へのフライト時間(日本各都市⇄台北・高雄)

②台湾から日本へのフライト時間(台北・高雄⇄日本各都市)

③日本と台湾の時差

④飛行時間を快適に過ごすには?

スポンサーリンク

①日本から台湾へのフライト時間(飛行時間)

このサイトにアクセスいただいた方が一目見て分かるように、

日本各都市から台北・高雄へのフライト時間を表にしました。

※気流や到着空港の混み具合により、多少の差異が生じます。

【日本各都市から台北への飛行時間】

出発地(日本)

目的地(台湾)

飛行時間

札幌

台北

4時間 30分

仙台、成田、羽田

台北

4時間

静岡、中部、富山、小松

台北

3時間 30分

関西

台北

3時間

広島、福岡、宮崎、鹿児島

台北

2時間 30分

那覇

台北

1時間 30分

【日本各都市から高雄への飛行時間】

出発地(日本)

目的地(台湾)

飛行時間

札幌

高雄

5時間

成田、羽田

高雄

4時間 30分

関西

高雄

3時間 30分

福岡

高雄

3時間

那覇

高雄

1時間 45分

日本は南北に長いので、各都市からのフライト時間に大きな差があります。

特に札幌からは4時間半、那覇からは1時間半と、かなりの差があります。

スポンサーリンク

②台湾から日本へのフライト時間(飛行時間)

こちらは台北・高雄から日本各都市へのフライト時間の表です。

※気流や到着空港の混み具合により、多少の差異が生じます。

【台北から日本各都市への飛行時間】

出発地(台湾)

目的地(日本)

飛行時間

台北

札幌

3時間 30分

台北

仙台、成田、羽田

3時間

台北

静岡、中部、富山、小松

2時間 30分

台北

関西

2時間 20分

台北

広島、福岡、宮崎、鹿児島

2時間

台北

那覇

1時間 20分

【高雄から日本各都市への飛行時間】

出発地(台湾)

目的地(日本)

飛行時間

高雄

札幌

4時間

高雄

成田、羽田

3時間 10分

高雄

関西

2時間 40分

高雄

福岡

2時間 40分

高雄

那覇

1時間 35分

表をご覧いただけると分かるでしょうが、

【日本から台湾】より【台湾から日本】の方がはやく到着します。

これは偏西風(ジェット気流)の影響によるものです。

偏西風はその名の通り、西から東へと吹く風です。

偏西風(ジェット気流)は西から東へ吹く

偏西風(ジェット気流)は西から東へ吹く

この風は時速300キロ〜時速360キロにもなり、

台湾から日本へ飛ぶ場合はうまい具合に追い風となるので、

飛行機のスピードも上がるのです。

ですが、日本から台湾へ飛ぶ場合は向かい風となってしまうので、

飛行機のスピードが落ちてしまいます。

他には、ここ数年の桃園空港は混み合う傾向にあるので、

桃園上空で着陸の順番待ちをすることがあります。

だから、この順番待ちにより飛行時間が長くなってしまうこともあります。

スポンサーリンク

③日本と台湾の時差

台湾時間の計算方法

日本と台湾の時差は-1時間です。

だから台湾の時間を知るには、日本の時間を1時間前に戻せばOKです。

具体的には、日本が午後2時なら台湾は午後1時ということです。

台湾標準時

台湾時間は協定世界時から8時間進んでいます。

なので、UTC+8と表記されます。

なお、これは以下の国々と同じ時間です。

ロシア・イルクーツク時間

モンゴル

中国

香港

マカオ

フィリピン

マレーシア

ブルネイ

シンガポール

インドネシア

オーストラリア

参考資料:UTC+8(Wikipedia)

台湾がUTC+9(日本標準時間)に変更!?

国家発展委員会の意見公募サイトにこのほど、台湾の標準時を現行のグリニッジ標準時から8時間進めた時刻(GMT+8)から、日本や韓国と同様に9時間進めた時刻(GMT+9)に変更する提案が寄せられた。

「台湾の標準時変更を」 市民が発議 中国大陸の従属からの脱却ねらう

これはまだ確定ではないですが、

台湾内で台湾標準時間を現在のUTC+8からUTC+9にしようという議論があります。

これは日本や韓国と同じ時間であり、中国従属からの脱却を狙う意図もあるようです。

仮にこれが実現すれば、台湾旅行の際に時計の針を変更する必要がありません。

でもまあ今でもたった1時間の差なので、旅行でも仕事でも特に支障はないんですけどね。

④飛行時間を快適に過ごすには?

沖縄・台湾間のような短いフライトならすぐ着いちゃいますが、

3時間以上のフライトとなると体も少し疲れちゃいますよね。

特に北海道から行く場合は最大で5時間かかっちゃうこともあります。

だから飛行時間をどう快適に過ごすかは非常に重要な問題です。

だってフライトの後が本番ですからね。万全な状態で旅行を楽しまなきゃ^_^

これまで飛行機にたくさん乗ってきて、個人的にあって楽だったのがスリッパと枕。

↓収納ポーチ付きのコンパクトなスリッパ

↓1000円以内の安い枕の中では高評価なもの。軽くてふわふわ。

↓低反発ウレタンが入っていて気持ちいい。1480円。

欧州へのフライトだと、航空会社がスリッパと枕を用意してくれてることが多いです。

だって、フライト時間が12時間とかしますからね(笑)

でもアジア内の短時間フライトだと、スリッパや枕が配られることはありません。

ですが、早朝や夜中のフライトだと機内でぐっすり眠りたいですし、スリッパもあるのとないのでは足のむくみかたが違います。

というわけで台湾旅行だからこそスリッパや枕は用意しておきたいところです。

参考記事:【実践済】飛行機恐怖症5つの克服法。飛行機事故の確率を知れば安心

参考記事:台湾旅行に必要な持ち物リスト【台湾生活5年の経験からチョイス!】

参考記事:台湾旅行の予算・費用を徹底解説。2泊3日や3泊4日はいくら必要?

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー