SNSでのシェアや保存はコチラ

わりとイケる!台湾のスーパーにある10元以下の激安スナック・お菓子

SNSでのシェアや保存はコチラ

わりとイケる!台湾のスーパーにある10元以下の激安スナック・お菓子

わりとイケる!台湾のスーパーにある10元以下の激安スナック・お菓子

どうもー、ゴダです。

デフレが続いた日本に対して、物価上昇が続くアジア各国。

台湾も例外ではなく、ガンガン物価が上がっているのを感じます。

でもね、現地に住んでいるとそれでも安いものをたくさん目にするんですよね。

例えば今回ご紹介する10元(約37円)以下の商品。

これまでは怖くてちょっと手が出せなかったんですよ。

でも今回は現地調査をするために購入してみました。

ということで今回は現地調査企画、

「台湾のスーパーで見つけた10元以下の激安商品を紹介」です。

どうぞごらんください。

スポンサーリンク

台湾のスーパー「全聯」で調査開始!

台湾のスーパー「全聯」

台湾のスーパー「全聯」

先日、現地調査のために全聯に到着したアタシ。

さっそく今回のターゲットである10元以下の激安商品を探すことにします。

ゴダ
うーむ、10元以下の商品どこかな??

10元以下の商品を探せ

10元以下の商品を探せ

記憶では10元以下の商品はわりとたくさんあったはずなんですが、この日はすぐに見つかりません。

ゴダ
おっかしいな、昔はよく目にしたのだが・・・。

探し物って、必要じゃない時はいつでもその辺にあるのに、必要な時はどれだけ探しても出てこないんだよね。

皆さんもこういう経験ってある??

フレディ(仮)

フレディ(仮)

と、そこで身長2メートルはあるんじゃないかという巨大な外国人男性・フレディ(仮)が店内に入ってきました。

ゴダ
ひょっとして10元のお菓子、全部フレディに買われた・・・?

まあ、そんなことはまずないでしょうね(笑)冗談ですよ(笑)

というわけで、もうちょっと探して無事に10元以下の商品が見つかりました。

8元(約30円)のグミ

8元(約30円)のグミ「乖乖QQ」

10元(約37円)のビスケット「口糧棒」

10元(約37円)のビスケット「口糧棒」

8元(約30円)のスナック「隨口脆」

8元(約30円)のスナック「隨口脆」

ね?

探せばちゃんと10元以下の激安スナックあるでしょ?

というわけで8元以下のスナックは他になさそうなので、これらを購入することに決定!

続いて10元以下の激安ドリンクを探すことにします。

10元以下のドリンクもなかなか見つからない

10元以下のドリンクもなかなか見つからない

ポカリスエットが13元(約48円)で売られていました!

ゴダ
え、13元って激安。日本の半額くらいの値段じゃね?

一瞬これを買おうかと迷いましたが、ルールはルールです。

10元以下のドリンクが見つかるまで粘ることにします。

と、しばらく店内をグルグル歩いていると、ついに激安ドリンクを発見しました!

8元(約30円)のドリンク「香豆奶」

8元(約30円)のドリンク「香豆奶」

8元(約30円)のドリンク「津津蘆筍汁」

8元(約30円)のドリンク「津津蘆筍汁」

最安値!7元(約26円)のドリンク「維他露P汽水」

最安値!7元(約26円)のドリンク「維他露P汽水」

というわけでこれら3つのドリンクを購入することに。

「探せばあるんだな〜」と思いながらルンルン気分でレジへいきます。

今回購入した激安商品

今回購入した激安商品

今回購入した激安商品は上記の6点。

合計で49元(約182円)なり!

これだけの量で49元はかなりすごいですよね。

もしこれで味がよければ、今後のゴダのお菓子代がかなり節約されることになります!!!

スーパーのスナック菓子・実食!

グミ「乖乖QQ」

8元(約30円)のグミ「乖乖QQ」

8元(約30円)のグミ「乖乖QQ」

まずは味が想像しやすいものからトライします。

8元(約30円)のグミ「乖乖QQ」

8元(約30円)のグミ「乖乖QQ」

中には動物の形をした小さなグミが25個くらい入ってました。

量が少ないので特にお得というわけではなさそうです。

そして肝心のお味は・・・?????

ゴダ
うん、普通にウマイ。

つまらない感想でごめんなさい(笑)

味はフルーツ系、歯ごたえはハリボーほどではなく柔らかめです。

チープな味ではありますが、普通に違和感なくいただけました。

そして何より動物の形が可愛いです。

個人的には何の動物か全く分からないところが好きです(笑)

1袋140kcal

ビスケット「口糧棒」

10元(約37円)のビスケット「口糧棒」

10元(約37円)のビスケット「口糧棒」

次に紹介するのは、ビスケットの「口糧棒」。

いくつか種類がありましたが、個人的に気になった黒糖味をチョイスしてみました。

10元(約37円)のビスケット「口糧棒」

10元(約37円)のビスケット「口糧棒」

見た目からも分かるでしょうが、これ、ものすごくシンプルな味がします。

昔風に言うと、カンパンみたいとでも言えばいいでしょうか。

よく言うと飽きがこない味です。

味は悪くないのでずっと食べていられそう。

でも口の中がものすごく乾燥するので水必須ですね。

量的にはたくさん入っててお得だと感じました。

1袋209kcal

スナック「隨口脆」

8元(約30円)のスナック「隨口脆」

8元(約30円)のスナック「隨口脆」

そして最後のお菓子がこれです。

これだけ袋が透明じゃなかったので、少々危険視していました。

そしてこれもいくつかフレーバーがあったのですが、特に気になったピザ味をチョイスすることに。

では早速いただいてみることにしましょう!

8元(約30円)のスナック「隨口脆」

8元(約30円)のスナック「隨口脆」

ゴダ
おーっ!ちゃんとピザの味がする!

これは結構すごいです、ちゃんとピザの味がしますよ。

厳密に言うと、食べた瞬間にトマトとチーズの風味が広がります。

これは確かにイタリア料理系の味です。

というわけで「隨口脆」は個人的にかなりオススメです。

パッケージからは中身が見れないので一番警戒していましたが、普通に美味しいスナック菓子です。

量もたくさん入っていて満足です!

1袋157kcal

ドリンク「香豆奶」

8元(約30円)のドリンク「香豆奶」

8元(約30円)のドリンク「香豆奶」

古臭いデザイン

「たまご風味」という謎の表記

8元という激安価格

どんな味なのか全く想像ができなかったので、さっそく飲んでみました!

「香豆奶」の色はこんな感じ

「香豆奶」の色はこんな感じ

「香豆奶」を飲むアタシ

「香豆奶」を飲むアタシ

すると・・・

ゴダ
あれ?これ普通に豆乳やん。美味しい。

そう、これ普通の豆乳だったんです。

どこが一体「たまご風味」なのかは分かりませんでしたが、美味しい豆乳ということで間違いないです。

ただ、台湾の一般的な朝食屋さんの豆乳よりも味がまろやかだったので、もしかしたらその辺が「たまご風味」なのかもしれません。

1パック157kcal

ドリンク「津津蘆筍汁」

8元(約30円)のドリンク「津津蘆筍汁」

8元(約30円)のドリンク「津津蘆筍汁」

続きましてはコチラ。「津津蘆筍汁」のご紹介です。

飲む前まで「津津蘆筍汁」は要注意ドリンクの一つでした。

何で要注意かっていうと、理由は裏のデザインにあります。

裏にはなぜか金髪のオネーチャンの絵が!!!

裏にはなぜか金髪のオネーチャンの絵が!!!

裏には水着を着た外国人と思しき女性の絵が。

なぜこの絵を載せたかは分かりませんが、実際にこうして私の目をひき、購入にまで至らせたので、広告効果はあるのでしょう。

てゆうかまんまと企業戦略に引っかかりました。エロい男マーケティングですね!

「津津蘆筍汁」の色

「津津蘆筍汁」の色

そして肝心の味についてまだ語ってなかったですね(汗)

商品名は「津津蘆筍汁」とありますが、これは実はアスパラガスジュースのこと。

アスパラガスは日本ではサラダにして食べるので、ジュースっていうのは違和感がありますよね。

というわけで味が全然想像できないので早速飲んでみることに・・・!

ゴダ
うん、野菜っぽい独特の風味はあるけど、飲みにくいということはありません。甘いキャロットジュースみたいなのをイメージすると味が想像できるかも。

そう、実際に飲んでみたら意外に美味しかったんですよね。

しかもあっさりした味なので、夏に飲むといいかもしれません。

1缶215.6kcal

ドリンク「維他露P汽水」

最安値!7元(約26円)のドリンク「維他露P汽水」

最安値!7元(約26円)のドリンク「維他露P汽水」

デザインにB2とかCとか書いてありますね。

さて、皆さんはどんな味を想像しますか?

「維他露P汽水」の色

「維他露P汽水」の色

開けてみると黄色い炭酸飲料でした。

ここまで書くと分かった人もいるでしょう。

そうです、これはスポーツ飲料なんです。

味はエネルゲンみたいな感じで、甘酸っぱいです。

だからこれも暑い日とかに飲むといいかもしれませんね。

夏の台湾旅行にぜひどうぞ!って感じです。

1缶100kcal

台湾の激安スナック・お菓子のまとめ

というわけで今回は近所のスーパーで激安スナックを書い、合計は49元(約182円)となりました。

また、全体的に普通に美味しかったので、ゴダは今後も買い続けるでしょう!節約フフフ。

なお、台湾の10元以下のお菓子は少ないですが、探せばどこのスーパーにも必ずあると思います。

また、時々安売りしていることもあるので、今回紹介した商品以外も10元になっているかもしれません。

普段はあまり激安商品に注目しませんが、まずいわけではないので割とオススメです。

というわけで今回は10元以下の激安スナック&ドリンクのご紹介でした。

参考記事:【台湾の物価】台北の交通費、食費、宿泊費が安いか現地在住者が検証



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー