SNSでのシェアや保存はコチラ

台湾旅行の注意事項。罰金や危険行為について簡潔に書いていくよ

SNSでのシェアや保存はコチラ

台湾旅行の注意事項

台湾旅行の注意事項

こんにちは、ゴダです。

人の考えも環境も何もかも日本と違う海外では、気をつけたいことがたくさんあります。

そんなわけで今回は、台湾旅行での注意事項をまとめました。

短時間でサッと目を通せるよう簡潔に書いたつもりです。

ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

目次

台湾旅行の注意事項:MRT(捷運)にて

MRTでは飲食禁止

台北MRT(捷運)

台北MRT(捷運)

MRT内および駅構内での飲食(ガム・檳榔ふくむ)は禁止です。

見つかった場合は1,500〜7,500台湾元(約5,600〜28,000日本円)の罰金となります。

※台鐵や高鐵では飲食できます。

健康な人は優先席(博愛座)に座らない

台湾では健康な人が優先席に座ることはありません。

特に罰金はないですが、周りの台湾人から白い目で見られるので注意しましょう。

妊婦さん、ご老人、障がい者がいたら席をゆずる

台湾では妊婦・老人・障がい者に席をゆずるのは常識です。

譲らなくても罰金はないですが、周りの人から白い目で見られるので注意しましょう。

電話の声は小さめで

台湾のMRT内では電話をしてもOKです。

ただ、大声で話すとマナー違反になるので、できれば小さめの声で話しましょう。

※台鐵や高鐵でも同じです。気をつけましょう。

台湾旅行の注意事項:タクシーにて

夜間の一人乗車は控える(特に女性)

タクシー

タクシー

過去にタクシー運転手による婦女暴行事件が起きています。

日本人女性が被害になった事件もあるため、台湾のタクシーは安全とは言えません。

特に女性が夜間に一人で乗車する場合は注意が必要です。気をつけましょう。

参考記事:台湾の治安が悪い場所&危険な場所2017。龍山寺はヤクザがいる!

後席でも一般道でもシートベルトをしめる

台湾では前席であろうと後席であろうと、シートベルトをしめる必要があります。

これは一般道路でも快速・高速道路でも同じです。

なお、運転手の告知を無視した場合は、乗客に対し以下の罰金が課されますのでご注意を。

一般道路(下道):1,500台湾元(約5,600日本円)
快速・高速道路 :3,000〜4,000台湾元(約11,300〜15,130日本円)

運転が荒いドライバーがいるので注意

台湾には運転が荒いドライバーがたくさんいます。

日本では考えられないようなスピードを出したり、なぜか他の車をあおったり・・・。

とにかくびっくりするような運転をする人がいます。心して乗車しましょう。

小銭は用意しておこう

ニュー台湾ドル

ニュー台湾ドル

もちろんお札で会計をしてもいいのですが、たまにお釣りを持っていない運転手がいます。

また、1000元札など大きすぎる単位で会計をした場合、嫌がられることもあります。

だからできれば10元コインや5元コインなどの小銭を持っておくと便利です。

参考記事:台湾のお金(通貨)の種類について解説!【ニュー台湾ドル/元】

台湾旅行の注意事項:路上にて

交通事故に気をつける

台湾は自動車優先。覚えておこう。

台湾は自動車優先。覚えておこう。

日本は歩行者優先ですが、台湾は車優先です。

交差点を渡る時など、車(バイクも)はガンガン進んできます。

ですので台湾の交通事故の件数はとても多く、注意が必要なんです。

なお交通事故にあってしまったときのために、海外旅行保険付帯のクレジットカードは最低1つは持っておきましょう。

↓当ブログおすすめのクレジットカード
エポスカード

物乞いや路上販売にはお恵みしなくてもいい

台湾の路上には物乞いがいる

台湾の路上には物乞いがいる

台湾の路上にはいたるところに物乞いや路上販売者がいます。

可哀想だと思えば恵んでもいいですが、しつこい場合は無視して逃げましょう。

台湾旅行の注意事項:ホテルにて

水道水は飲まない

水道水は飲まない

水道水は飲まない

台湾では水道水を飲まないようにしましょう。

飲める場所もあるようですが、多くは水道管が不衛生でそれが水を不潔にしています。

なのでホテルに帰る前にミネラルウォーターやジュースを購入しておきましょう。

参考記事:台湾の水道水は飲める?ホテルで歯磨き・うがいする際の注意点

チップは払わなくてOK

台湾にはチップの習慣はありません。

よって、チップは払わなくてOKです。

台湾旅行の注意事項:トイレにて

トイレットペーパーは流さない

台湾では原則トイレットペーパーが流せません。

だいたい便座付近にゴミ箱が置いてあるので、使い終わったトイレットペーパーはその中へ捨てましょう。

ウォシュレットがない

これは台湾に限らないのですが、台湾のトイレにはウォシュレットがありません。

だからウォシュレットが必要という人は、携帯ウォシュレットを持っておくと便利です。

↓これさえあればいつでもどこでもウォシュレットができる!

台湾旅行の注意事項:夜市にて

海鮮や油を多く使った料理はなるべく避ける

台湾の夜市

台湾の夜市

台湾の屋台では食べ物を長時間外に放置していることが多いです。

そのうえ台湾の気温は暑いので、食べ物がいたむのも早いんです。

熱を通してあればだいたい問題はないですが、それでも海鮮は危険です。

(私の友達は過去に屋台の海鮮にあたり、一週間寝込んだことがある。)

また、台湾には質の悪い油が蔓延していた時期もあり、油料理はちょっと怖い印象があります。

できれば屋台の海鮮や油料理は避けましょう。

参考記事:台湾夜市の屋台の衛生状況。海鮮と油には要注意です。

スリに注意しよう

観光客の多い夜市にはスリもいます。

近年でもスリのニュースを耳にするので、引き続き注意が必要です。

カバンを前に抱えたり、財布をポケットに入れないようにしたり、各自でできる対策をしましょう。

参考記事:台湾の治安が悪い場所&危険な場所2017。龍山寺はヤクザがいる!

交通事故に気をつけよう

一部の夜市は歩行者天国ではありません。

そのような夜市ではバイクや車がどんどん入ってきますので注意が必要です。

台湾旅行の注意事項:喫煙事情

ホテルやレストランは禁煙

ホテルやレストランは禁煙

ホテルやレストランは禁煙

台湾のホテル室内やレストラン内は基本的に全て禁煙です。

外に出て灰皿のある場所でタバコを吸う必要があります。

※当然ですが、その他の商業施設・駅構内などは全て禁煙です。

歩きタバコは禁止・立ち止まって路上喫煙はOK

歩きタバコをした場合、2,000〜10,000台湾元(約7,422〜約37,114円)の罰金となります。

ですが、台湾は路上で立ち止まって喫煙するのはOKです。

その場合は周りに人がいないことを確認し、携帯灰皿を使用してポイ捨てしないようにしましょう。

参考記事:知らなきゃ損する台湾の喫煙事情。喫煙所、罰金、路上喫煙など

台湾旅行の注意事項:コンビニやスーパー

買い物袋(ビニル袋)が有料

台湾では買い物袋(ビニル袋)は有料です。

だいたい1台湾元(約3〜4日本円)で購入できます。

お茶が甘い

台湾のお茶

台湾のお茶

台湾のお茶には砂糖が入っています。

無糖のものが欲しい人は「無糖」の表記を確認してから買うようにしましょう。

※これは自販機も同じです。

果物や野菜はいたんでいることも

旅行中にお腹が空いてバナナなど果物が欲しくなることもあるでしょう。

ですが、果物はスーパーやコンビニで気軽に購入できますが、いたんでいることがあります。

特に注意したいのは底の部分。

商品によっては長いこと同じ場所に置いてあるので、底部がいたんでいることがあるんです。

台湾旅行の注意事項:気候関連

夏はウルトラ暑いので熱射病に気をつけよう

台湾の夏はウルトラ暑い

台湾の夏はウルトラ暑い

台湾の夏(4月〜10月)はものすごく蒸し暑いです。

だから夏に外を歩いたらすぐに熱中症になってしまいます。

よって日傘を携帯したり水分補給をマメにするなど、各自でできる対策をとりましょう。

場所によっては冷房がすごく効いてるので上着を持参しよう

台湾はとても暑い国なのですが、建物やバスの中は冷房がガンガンに効いています。

どうやら台湾人には「涼しい=サービスがいい」という考えがあるらしいんですね。

だから場所によっては本当に寒いです!

下手したら風邪をひいてしまうので、上着は必ず持って行きましょう。

持って行くのを忘れたら現地のユニクロなどで調達するのもアリです。

雨がよくふる場所や時期がある

以下の時期は台湾全土で雨が多いので注意が必要です。

梅雨:5月中旬〜6月中旬

台風:7月〜9月(10月など例外もあり)

また、台湾北部(台北、桃園、基隆など)の冬は雨が多いです。

一方、高雄は夏に雨が多いイメージです。

日本では想像もできないような夕立がよく降ります。

該当の時期に台湾旅行をされる場合は、折りたたみ傘を携帯し、防水の靴や上着を着用していくとよいでしょう。

以上が台湾旅行での注意事項となります。

また何かあったら引き続き追加していきます。

関連記事:台湾旅行の予算・費用を徹底解説。2泊3日や3泊4日はいくら必要?

関連記事:台湾旅行に必要な持ち物リスト【台湾生活5年の経験からチョイス!】

関連記事:【台湾の物価】台北の交通費、食費、宿泊費が安いか現地在住者が検証

関連記事:台湾のコンセントの形状や電圧について。日本のiPhoneは充電可



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー