私が「趣味を仕事に」に肯定的な理由と、趣味を仕事にして苦労したこと

私が「趣味を仕事にすること」に肯定的な理由

私が「趣味を仕事にすること」に肯定的な理由

こんにちは、ゴダです。

「趣味を仕事にしてはいけない」という言葉をよく聞きます。

これは、趣味を仕事にしたら趣味のときみたいに自由にはやれないから大変だぞという意味なのでしょう。

そしてその一方で最近では「好きなことを仕事にしよう」という言葉もよく耳にします。

これは、好きだから没頭できて、没頭できるからスキルが上がる。結局、好きなことじゃないと仕事はうまくいかないという意味が込められています。

わたしは海外で趣味を仕事にしているくらいですから「好きなことを仕事にしよう」に賛成です。

ですが実際に趣味を仕事にしてみて、「趣味を仕事にすると大変だな」と思うこともこれまでたくさんありました。

というわけで今回は、わたしが「好きなことを仕事にしよう」に賛成の理由と、実際に趣味を仕事にしてみて大変だなと思ったことについてお話しします。

スポンサーリンク

趣味と仕事の違い

まず、パッと趣味と仕事の違いをまとめると以下のような感じになるのではないでしょうか。

・趣味:好きなことを好きなだけやれば良い。自分が中心。

・仕事:お客さんが望むことをやらなければならない。お客さんが中心。

ざっくりではありますが、ここではこの定義に基づいて意見を述べていきます。

スポンサーリンク

わたしが「趣味を仕事にする」に賛成の理由

①最初からつまらないことに逃げなくてよくね?

確かに趣味を仕事にしたら、その趣味を嫌いになってしまうかもしれません。

だけど、最初から趣味じゃないことを仕事にしていたら、趣味を仕事にした場合よりも仕事を嫌いになるスピードは早いのではないでしょうか。

だったら最初からつまらないことを仕事にせずに、趣味や好きなことを仕事にすればいいというのが私の考えです。

②失敗を心配するより、成功する方法について悩みたい

「失敗を心配するより、どう成功しようかについて悩もう」

少々ポジティブ過ぎるかもしれませんが、わたしはこの言葉が好きです。

「趣味を仕事にして嫌いなったらどうしよう」とか「趣味がなくなってしまったらどうしよう」とか最初からそういうマイナスなことばかり考えないようにしましょう。

どうせなら成功する方法について悩みたいですよね。

しかも趣味なんてなくなっても、新しい趣味は案外簡単にできます。

だからやる前から細かいことを心配しなくてもいいのです。

一般的に趣味で食っていくにはそれなりのスキルが必要です。

だから失敗の心配をするよりも、まずは成功する方法について頭を使いたいものですね。

③好きなことを仕事にした方が普通に効率よくね?

仕事とは、より少ないコストでより良い結果を目指すものです。

そして普通に考えて、好きでもないことをダラダラやるより、好きなことをやった方が効率がいいに決まっています。

なぜなら好きなことをする場合は仕事以外の時間でも勉強するし、どうやったらうまくいくかについて考えるのも苦にならないからです。

世の中の仕事はそんなに簡単ではないので、それくらいアグレッシブにやるくらいでちょうどいいでしょう。

なお、世間には嫌いなことでも仕事なら割り切って頑張れる人もいますが、わたしはそういうのはちょっと無理ですね。

嫌いなことをやる人生か、好きなことをやる人生か。

どちらが有意義なのかは明白でしょう。

スポンサーリンク

趣味を仕事にして苦労したコト

①趣味を仕事にすると限界を感じやすい

人は自分が経験した以上の内容の作品を世に出すことができません。

なので、絵を描いたり文を書いたりというような、趣味に近い仕事をしている人は限界を感じやすいです。

わたしもいっぱしのブロガーなので、限界を感じたことが何回もあります。

わたしは台湾のことは書けるけどアメリカのことは書けません。

また、男性の視点は書けるけど女性の視点は書けません。

だからブログって最初の30記事くらいはスラスラ書けるんだけど、すぐにネタがなくなるんですよね。

そして他のブロガーが面白いことを書いているのを見ると、

「ああ、自分ってこんなにも経験値が低いのか・・・」

ってヘコんでしまうのです(笑)

このように、趣味を仕事にすると簡単に自分の限界が見えてしまいます。

でもここを何らかの方法で突破できる人が次のステージに行けるのでしょうね。

インターネットの発達で趣味を副業にしやすくなった

これまでは副業というとリアルビジネスがほとんどでした。

例えば、会社に内緒でこっそりカフェをやるとかそんな感じです。

でも今の時代はネットで副業やる人がほとんどですよね。

ネットビジネスは匿名だから会社にバレないし、納期のない仕事を選べばストレスも少ない。

例えば、

ココナラハンドメイドBASEでネットショップを開いたり、

クラウドワークスで単発の案件をこなしたり、

AirB&Bで使ってない部屋を貸し出したり、

A8.netを利用してアフィリエイトサイトを運営したり、

etc…

このように匿名で手軽に始められるプラットフォームが増えてきています。

以前は「好きなことを仕事にする」というと、それは本業にすることを意味し、周囲から反対されました。

でも今は、好きなことを仕事にしたいんだったらまずは副業として小さく始めればいいんです。

そしてうまくいったら会社を辞めて正式に好きなことを仕事にすればいいんです。

このように実験的に好きなことを仕事にすることができる世の中になってきています。

私たちはいい時代に生きていると思いますよ。

本当にすごい奴はウダウダ言わずにもう始めてる

生きてると、「趣味を仕事にしてはいけない」とか「まずは副業から始めよう」とか、いろんな意見を耳にします。

でも本当にすごい人はそういうマイナスなことをウダウダ言わずにもう始めてるんですよね。

そしてもうすでに作品や結果や何かを残してる。

結局、世間体を気にしたり「時間がない」が口癖だったりする人は、ズルズルと行動が遅れていくんですよね。

(わたしもそういうところありますので自戒をこめて。)

「趣味を仕事に」まとめ

「趣味を仕事に」は簡単じゃないです。

仕事にする以上それなりのスキルは求められますからね。

でもそれって嫌いなことや興味のないことをやっていても一緒ですよね。

ということは好きなことを最初から仕事にした方が効率よく働けそうな気がします。

そして仮に失敗したとしても、また元の生活に戻ればいいのです。

趣味がなくなるのも心配しなくていいでしょう。

趣味なんていくらでも新しいのができますから。

関連記事:趣味がない人・ほしい人にオススメの趣味9選!一人でする趣味等

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー