SNSでのシェアや保存はコチラ

知らなきゃ損する台湾の喫煙事情。喫煙所、罰金、路上喫煙など

SNSでのシェアや保存はコチラ

知らなきゃ損する台湾の喫煙事情。喫煙所、罰金、路上喫煙など

知らなきゃ損する台湾の喫煙事情。喫煙所、罰金、路上喫煙など

喫煙者が海外旅行をするときに気になるのが禁煙エリアに関する情報です。

法律というものは外国人だろうと旅行客だろうとお構いなしに適応されてしまいます。

ですので違反してしまうと外国人でも容赦無く罰金となります。

なお、最初に述べておくと台湾は喫煙者に厳しい国です。

台湾には店内で喫煙できる飲食店は基本的には存在せず、通常は外に出て吸わなければなりません。

また、台湾での路上喫煙は法律で全面的に禁止されており罰則の対象となります。

というわけで愛煙家が海外旅行する場合は知っておきたいことが多いので、今回は台湾の喫煙事情についてまとめました。

この文章が台湾旅行をする喫煙者の皆さんの参考になることを願っております。

この文章を読んでほしい人

→ 台湾の禁煙エリアやタバコに関する罰金が知りたい人
→ 台湾の喫煙マナーを知りたい人

※以下、台湾の喫煙に関する規定をまとめた法律 “菸害防制法” を元に情報をまとめました。

スポンサーリンク

台湾でタバコを吸えない人

菸害防制法では以下の人はタバコを吸うことができないと規定しています。

<台湾で喫煙を禁止されている人>

①18歳未満の者(18歳になっていれば旅行者でもOK)

②妊婦さん

また、18未満の者や妊婦さんに喫煙を勧めたり脅迫した場合にも罰則の対象となります。

 台湾の喫煙禁止エリアと罰金

菸害防制法ではタバコ禁止エリアがずらりと列挙されています。

一、高等学校以下の学校、および児童や少年の活動が目的の場所
二、大学、図書館、博物館、美術館およびその他の文化または社会教育機関の室内
三、医療機関、介護施設
四、政府機関および公共事業機関の室内
五、公共交通機関、タクシ、バス、MRT、駅、旅客待合室
六、燃えやすいものを製造、管理、販売している場所
七、金融機関、郵便局および通信事業会社の営業所
八、体育館やジム
九、教室、図書室、実験室、講堂、展示室、会議室、エレベーター
十、オペラハウス、映画館など公共の娯楽施設
十一、旅館、商店、レストラン
十二、三人以上が共有する室内の仕事場
十三、その他の公共の室内空間、各自治体が指定した場所、公共交通機関<その他>
「禁煙」と指定されている場所。
3歳未満の子どもや妊婦がいる場所。

色々書いてあって分かりにくいですが、これを一言で要約すると

「公共の場では一切タバコ吸っちゃダメ!!!」

ということになります(笑)

どうですか?

台湾めちゃめちゃ厳しくないですか?

でもなぜか路上喫煙はOKなようです。(歩きタバコはだめ)

ちなみにこの規則を破った場合は2,000元〜10,000元(約7,422円〜約37,114円)の罰金となりますので注意が必要です。

台湾の喫煙可能エリア(喫煙所)

ここでは旅行客がよく行く場所の喫煙可能エリアをまとめました。

ですが、もちろん店によっては例外もありますので、全てが以下の通りとは限りません。

飲食店:オープンテラスや入口付近

オープンテラス(外の席)

オープンテラス(外の席)

店の入り口付近にある灰皿

店の入り口付近にある灰皿

まず、台湾のほぼ全ての飲食店が禁煙となっています。

ですが、①オープンテラス(屋外の席)や②入り口付近に灰皿があることも多く、この場合はタバコを吸っても構いません。

しかし台湾は喫煙者に厳しい社会なので、灰皿があっても周りに子どもや非喫煙者がいる場合は喫煙を控えた方がいいでしょう。

あくまでも原則は他人に迷惑がかかるかどうかによって決めるということです。

なお一部の日本式居酒屋やキャバクラ的なお店では、店内でタバコが吸えるところもあるようです。

ホテル:喫煙ルームか入口付近

ホテルのエントランス付近にも喫煙所があることが多い

ホテルのエントランス付近にも喫煙所があることが多い

台湾のホテルの部屋やロビーは基本的に禁煙です。

で、宿泊者が喫煙する場合は、①ホテル入り口付近にある灰皿のある場所か、②ホテル内の喫煙ルームで吸うことになります。

①に関して、台湾のほぼ全てのホテルの入り口に写真のような灰皿があります。

部屋からいちいち外まで出て行くのは面倒ですがこればかりは仕方がありません。

部屋でタバコを吸ったことがバレますと罰金になることもあるのでご注意ください。

また②に関して、一部の高級ホテルにはホテル内に喫煙ルームがあることがあります。

ホテル内にあるとわざわざ外まで行かなくていいので非常に便利です。

ですが台湾ではそれなりに高級なホテルにしか喫煙ルームはありませんのでご注意ください。

路上喫煙:歩きタバコでなければOK!

路上喫煙は歩きタバコじゃなければOK

路上喫煙は歩きタバコじゃなければOK

これは意外なんですけど、台湾では歩きタバコをしなければ路上喫煙はOKということになっています。

その証拠に町歩きをしているとよく路上喫煙をしている人を目にします。

ええ、本当によく目にしますよ。

ただ、路上喫煙をしている人も周りに人がいるかどうかは常にチェックしています。

あくまでも法律とマナーは別問題というわけですね。

日本の駅前にあるような喫煙所は台湾にはあまりない

日本の駅前にあるような喫煙所は台湾にはあまりない

ちなみに上の写真のような、日本の駅前によくある喫煙所は台湾にはあまりありません。

台北駅のような大きな駅や観光地には大規模な喫煙所がありますが、生活の中で目にすることはほぼありません。

→大規模な喫煙所はないけど、小さな灰皿が置いてあることは多いです。頑張って見つけましょう。

夜市:原則NG!ただし路地裏を見ると吸っている人も…

夜市は原則禁煙!ただし路地裏を見ると吸っている人も…

夜市は原則NG!ただし路地裏を見ると吸っている人も…

台湾では歩きタバコは罰則の対象ですが、路上喫煙はOKです。

ですので露店が立ち並ぶ夜市ではOKなような気がしますが、ここはマナー的な理由でNGです。

しかし路地裏の人が少ない場所では路上喫煙をしている人も見かけます。

つまり路地裏の人が少ない場所で路上喫煙するのは、法律的にもマナー的にも大丈夫なのです。

マッサージ店など:基本的には飲食店と同じ。外で吸おう。

マッサージ店なども基本的には飲食店と同じです。

つまり店内での喫煙は不可能で、外まで出て灰皿のあるところで吸うしかないです。

車やバイクを運転しながらの喫煙は600元の罰金

2016年7月に法律が改正され、車やバイクを運転しながらの喫煙も罰金の対象となりました。

旅行者は基本的に自分でバイクを運転することがないのであまり関係ないですが、運転の可能性がある人はお気をつけください。

600元(約2,226円)の罰金となってしまいます。

台湾の喫煙事情まとめ

・レストランやホテルを始めとする室内での喫煙は禁止。

・タクシーやMRT(捷運)や新幹線(高鐵)での喫煙も禁止。

・歩きタバコも禁止。

・止まって路上喫煙をするなら問題なし。

・喫煙可能な場所でも周りに人がいたら喫煙しない方がいい。

・禁煙エリアで喫煙したら2,000元〜10,000元(約7,422円〜約37,114円)の罰金。

・車やバイクを運転しながら喫煙したら600元(約2,226円)の罰金。

・巨人の坂本勇人選手が台北でタバコのポイ捨てをして現地メディアに報道される。(礼儀正しい日本人は過去の話?)

関連記事:知っておきたい台湾の食事マナー23。食べ残し、ゲップはOK!

関連記事:禁煙のイライラはいつまで?禁煙成功の三つのコツと吸いたい期間



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー