台湾の水道水は飲める?ホテルで歯磨き・うがいする際の注意点

台湾の水道水は飲める?ホテルで歯磨き・うがいする際の注意点

台湾の水道水は飲める?ホテルで歯磨き・うがいする際の注意点

台湾の水道水は果たして飲めるのか?

答えは「飲めない」です。

実際、台湾で水道水を飲む人はいません。

そう、正直いって台湾の水道水は安心できるものではないのです。

では例えば歯磨きやうがいは大丈夫なのでしょうか?

国によっては歯磨きするだけで下痢しますから気になっちゃいますよね。

というわけで今回は、台湾の水道事情について詳しく説明していきます。

この文章を読んでほしい人

→ 台湾の水道水事情について知りたい人
→ 歯磨きですらも危ないのか気になる人

スポンサーリンク

台湾の環保署:「台湾の水道水は飲める」

台湾には「環保署」という環境に関する省庁があります。(日本の環境省に相当)

この「環保署」は定期的または不定期に水道水を検査しています。

その結果、飲用水水質基準に合格する割合は毎年上がってきていると発表しています。

飲用水水質基準の調査結果

飲用水水質基準の調査結果 (画像参照元:環保署飲用水水質監測資訊網)

上記図は中国語で書かれているので読みにくいですが、日本語でまとめると以下の通りです。

横軸:年数(民国105年は西暦2016年)
縦軸(左)および緑の棒グラフ:検査件数
縦軸(右)およびピンクの折れ線グラフ:不合格率

この図を見ると不合格率となった水道水(ピンク)が毎年下がってきていることが分かります。

なお、民国105年(西暦2016年)は0.08%のみ不合格となりました。

つまり台湾の水道水の99.92%が飲用水の基準に合格しているというわけですね。

ほぼ100%じゃん!笑

スポンサーリンク

なぜ台湾人は水道水を飲まないのか?

では、99.92%が飲用水の基準に合格しているのに、なぜ飲む人がいないのでしょうか?

その理由は大きく以下の二つがあると言われています。

理由①:台湾の水道水のパイプは古く、老朽化が進んでいる

台湾は地震が多く、起伏の激しい地形をしています。

例えば1999年の921地震により台湾中部の多くの水道管が破損しました。

修復作業もしましたが、未だに漏水している水道管も多く、それが水道水の不衛生につながっています。

また、台湾北部の町・基隆は坂が多く、水圧を利用して坂の上に水道水を送っています。

この水圧により水道管の破損が進んでおり、これが水道水の不衛生につながっています。

この通り台湾には地震や地形などからくる問題が多いですが、近年はより頑丈な材料で作った水道管に取り替えようとする計画もあるそうです。

そうなれば台湾の衛生事情も劇的に変化することでしょう。

理由②:住宅に取り付けられている貯水タンクが不衛生

住宅に取り付けられている貯水タンク(水塔)

住宅に取り付けられている貯水タンク(水塔)

もともと台湾には大きな川がありません。

ですので住宅の屋上に写真のような貯水タンクを取り付けることで水不足の問題を克服してきました。

というわけで現代では飲用水基準に合格した水をこの貯水タンクに入れて使用しているのですが、どうやら貯水タンクに入れた後に水質が変化しちゃうようなんですよ。

というのも、多くの住宅はこの貯水タンクを定期的に掃除しておらず、それにより飲用水が不潔になってしまっています。

環保署の調査によると、52.7%の家庭が貯水タンクを定期的に掃除していないとのことです。

とはいえ貯水タンクは生活の中で忘れ去られてしまいがちな部分です。

ですので当然掃除を忘れることもあるでしょう。

スポンサーリンク

台湾で水道水を利用する際の注意点など

飲用する場合は煮沸消毒すること

これは基本中の基本ですが、台湾の水道水を飲用する場合は煮沸消毒をしましょう。

ただし誤解を恐れずに書くと、直接飲んでも実際そこまで問題ないことが多いです。

わたしなんか時々面倒くさくなって直接飲んじゃってますからね(笑)

わたしは台湾に住んで6年が経ちますが、今だに直接水道水を飲んで大きな問題は起きてませんよ。

人によってはあるかもしれませんが、あったとしてもちょっとした下痢くらいでしょう。

台湾はインドやアフリカのように赤痢・コレラ・肝炎のような重大な病気が蔓延していないので、そこまで心配ではありません。

あ、でも胃がんの元となるピロリ菌は怖いから、やっぱり今後は生水を飲まないようにします・・・。

胃がんの元となるピロリ菌について分かりやすく書かれた本はコチラ↓↓

最近この本を読んだんですけど、ピロリ菌て怖いんです。

不衛生な井戸水などに含まれていて、昭和の中頃生まれの人なんかは体内にピロリ菌がいる確率が高いそうです。

でも現在の医学ではちょっとした検査でピロリ菌を取り除くことができ、胃がんのリスクを大幅に減らすことができます。

ちょっと話はそれてしまいましたが、ぜひみなさんにもオススメしたい一冊です。

コンロがなくて煮沸消毒ができない場合は、濾過器を使おう

コンロがなくて煮沸消毒ができない場合は、上のような濾過器を持っておくと便利です。

この浄水タンブラーさえ持っておけばどこの国に行ってもある程度飲用水レベルまでは清潔にできます。

歯磨き、うがいは問題なし

台湾の水道水で歯磨き・うがいをする場合は、そのまま使用しちゃってOKです。

全く心配はいりませんので、そこまでナーバスにならずにガンガン歯を磨いちゃってください(^_^)

※ただし、インド・アフリカなど一部の国では歯磨き・うがいですら危険。国によっては衛生事情が全然違うことを肝に銘じて旅行を楽しみたいものだ。

カップラーメンやコーヒーは水道水で作ってもOK!

煮沸消毒すれば問題がないので当然といえば当然ですが、台湾では水道水を使ってラーメンやコーヒーを口にすることができます。

わたしもわたしの周りの台湾人も水道水でコーヒーを淹れたりラーメンを作ったりしているので、みなさんも恐れずに口にしちゃってください。

でもやっぱり気になるという人は、コンビニやスーパーでミネラルウォーターを購入することをオススメします。

まあ数週間もしないうちに面倒くさくなってきて水道水を使うようになると思いますけどね(笑)

番外編:台湾の賃貸物件にはウォーターサーバーが取り付けられている

台湾のアパート内にあるウォーターサーバー

台湾のアパート内にあるウォーターサーバー(無料で使える)

これは台湾で生活するとわかるんですが、台湾の賃貸物件にはウォーターサーバーが取り付けられていることが多いです。

これは大家さんによる粋なはからいなんですが、日本でいう「新品のエアコン取り付けときました」みたいなノリに似ているかもしれません。

わたしは台湾で3回ほど引っ越ししているのですが、わたしの実感値としては賃貸物件全体の約7割にウォーターサーバーが付いている印象です。

これがあると濾過器もいらないですし、普段からミネラルウォーターを買う必要も無くなります。

基本的には水が飲めない台湾ならではのサービスというわけです。

台湾の水道事情まとめ

長々と書かせていただきましたが、今回の内容をまとめると以下のようになります。

①台湾の水道水は飲めない。

②もともと水質は悪くないのだが、水道管の老朽化や貯水タンクの衛生状況が原因で、水質が悪化してしまっている。

③水道水は煮沸消毒すれば口にできる。

④心配な人は濾過タンブラーを購入するといい。

⑤歯磨き・うがいは水道水をそのまま使用しても問題なし。

以上、旅行者や移住者のみなさんにはぜひ気をつけていただきたいです。

みなさんの滞在が楽しいものになることを願っております。

参考記事:台湾夜市の屋台の衛生状況。海鮮と油には要注意です。

参考資料:在台灣,自來水為何不能直接生飲?(中国語サイト)

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー