シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発見!台湾最高のドリンクスタンド「一芳」について語ろうじゃないか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾最高のドリンクスタンド「一芳」について語ろうじゃないか

台湾最高のドリンクスタンド「一芳」について語ろうじゃないか

こんにちは、ゴダです。

ついに・・・ついに発見してしまったのです。

台湾で一番美味しいドリンクスタンドを・・・。

この文章を読んでほしい人

→ 台湾で一番美味しいドリンクスタンドを探し求めている人

スポンサーリンク

やっと出会えた運命のドリンクスタンド

これまで私は様々な台湾のドリンクスタンドを試してきました。

そう、台湾に移住した2011年から台湾中のいろんな店のドリンクを買ってきました。

台湾を代表するドリンク店の一つ「COMEBUY」

台湾を代表するドリンク店の一つ「COMEBUY」

CoCo都可
五十嵐
清心福全
茶湯會
貢茶
COMEBUY
…etc.

この通り数え上げたらキリがありません。

そして、どれもそれなりに美味しいのですが、悪く言えばどれも似たような味なんですよ。

言ってしまえばちょうど台湾のドリンクと倦怠期に突入しちゃったカンジ。

ですが、今回やっと運命のドリンクに出会たんですよね。

やっと出会えた店だから本当は自分だけの秘密にしときたいです。

でもやっぱり当ブログには有益な情報を載せたいし、「いい情報はもったいぶらずに出し切る」がモットーなので書いちゃいます。

台湾最強のドリンクスタンドは「一芳」に決まり

台湾最強のドリンクスタンド「一芳」

台湾最強のドリンクスタンド「一芳」

店構えはいたって普通の「日式茶屋」といった感じ。

シンプルながらも黒と木目と藍色で統一された色合いが落ち着きます。

清潔感もあって全体的に好印象です。

一芳のメニュー

一芳のメニュー

一芳のメニューは壁に立てかけてあります。

どれも「超」がつくほど美味しくてオススメです。

ですが、世間的な評価も含めてまずオススメなのが「水果茶」。

一芳の水果茶

一芳の水果茶

これがクッソうまいんすよ!

ゴダ
✌︎(‘ω’)✌︎

「上品でオトナなブログ」を目指しているので、普段は「クッソ」なんて言葉は使わない私。

だけど今回ばかりは使ってしまいました!

値段は60元と高めなので美味しいのは当然っちゃ当然です。

でも、フルーツの新鮮さが尋常じゃないんですよね。

ちゃんといい果実を使ってるのがわかる。

ちなみにオススメは「去氷・微糖」(氷抜き・砂糖少なめ)。

氷が多いとのちのち味が薄まっちゃうし、砂糖が多すぎるとフルーツの味を楽しめない。

だから「去氷・微糖」(氷抜き・砂糖少なめ)くらいが個人的にはオススメです。

新鮮フルーツがどっさり

新鮮フルーツがどっさり

また、フルーツはパッションフルーツ、パイナップル、りんご、オレンジなどが入っています。

甘酸っぱいサッパリ系の果物と上品なお茶がマッチするんです!

最後にフルーツを食べるのが楽しみ♪

最後にフルーツを食べるのが楽しみ♪

他のメニューも素晴らしかった!「仙草茶」

一芳の仙草茶

一芳の仙草茶

一芳を見つけて日が浅いので、まだ色々飲んでないです。

でも2回目いった時に買った「仙草茶」がやっぱりめちゃめちゃ美味しかったんです。

【仙草】

中国医学では涼粉草や仙舅草(xiānjiùcǎo)の名で、乾燥した地上部の葉や茎を使用する。味は甘、性は涼であり、煎じて飲むと、暑気あたり、喉の渇き、熱毒に効用があるとされる。

Wikipediaより

ゴダ
仙草は中国医学の薬草の一つ。台湾ではデザートやドリンクによく使われます。

そして一芳の仙草茶を飲んで思いました。

ゴダ
ひょっとして一芳って何飲んでも美味しいんじゃね?

そう、アツイ期待をこの胸に、近いうちに一芳を再訪しようと決めているゴダなのでした・・・。

最強のドリンクスタンド「一芳」の店舗紹介

一芳の店舗は全部で100店舗くらいあります。

北は台北から南は高雄まで、澎湖(離島)にもあってびっくりです。

さらには中国の上海や福州なんかにもあるみたいなんで、中国に住んでいる人も楽しめますね!

てゆうかこんなに台湾中に店舗があるのになんで今まで気づかなかったんだろう・・・。

ですが運命とはそういうものでして、出会うべきタイミングで出会うようにできてるんですよね。

そう、今がわたしにとってのタイミングだったってワケですね(笑)

台湾の店舗一覧

中国の店舗一覧

※営業時間はだいたい10時〜20時 or 10時〜21時。休業日は店舗によって違うので、Google Mapで個別に確認されることをオススメします。

【この記事が面白いと思ったら是非フォローしてね♪】

Twitter → @oogoda1
Facebook → ゴダラボ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする