シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【テレビ出演しました】「世界の日本人妻は見た!」出演ウラ話@台湾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界の日本人妻は見た!

世界の日本人妻は見た!

こんにちは、台湾在住のゴダです。

(Twitterはコチラ → @oogoda1

今回はサクッと読めるネタ記事を一つ。

実は先日、日本人妻じゃないのに「世界の日本人妻は見た!」という番組に出演しました。

この番組はもう4年続いてるみたいだし、けっこう人気なので知ってる人も多いでしょう。

ちなみに、2017年5月16日放送の回で、2時間スペシャルでした。

内容は、道を歩いてたらテレビ局の人にインタビューされて「台湾生活でびっくりしたこと」を答えるというものです。

たったの2〜3分程度しか出演していないですが、しっかりと取材されましたよ!

コチラがその映像です↓↓

(ユーチューブ上の動画が削除されてしまいました。また見つけたら貼っておきます!!ごめんなさい!)

17分39秒から2〜3分ほど出演してます。

途中で結婚の話などをしているので少し恥ずかしいですが、もし良かったら見てやってください(笑)

スポンサーリンク

「世界の日本人妻は見た!」とは?

知らない人のために先に番組の説明をいたします。

「世界の日本人妻は見た!」はTBS系の番組で、毎週よる7時56分から放送です。

爆笑問題が司会で、コメンテーターにデヴィ夫人や渡辺満里奈さんが出ています。

内容は、海外に嫁いだ日本人の生活に密着し、日本ではありえない現地の驚きの文化や習慣を紹介するというものです。

なお、もともとは現地に嫁いだ日本人女性を取材する番組ですが、恐らくもうネタがなくなったのでしょう、海外生活をしている日本人男性にも取材するようになったとのことです(笑)

というワケで男性であるわたしも取材されました。

取材内容 : 台湾人は人生で3回まで改名できる!

台湾・新北市の府中駅付近で撮影されました。

取材の内容は「台湾生活でびっくりしたこと」

とっさに思いついたのは「カエルがうまい」とか「スズメバチの酒がまずい」とか「蛇がまあまあイケる」というようなゲテモノ食関連のことばかり(笑)

結局採用になったのは「台湾人は人生で3回まで改名できると決まっている」というものです。

実はわたしの彼女も既に三回改名していて、今の名前とわたしと知り合った当時の名前が違います(笑)

なんでも、台湾人は人生の運気を上げるためによく改名をするそうなんです。

でも一度名前を変えると銀行口座やパスポートやクレジットカードなど全ての名義を変えなければなりません。

こんなに面倒くさいのに改名をするということは、やはりそれだけご利益(?)があるということなのでしょう。

ちなみに台湾人は、姓名判断以外にも占いや風水といったものをすごく重視します。

占い師や風水師といった職業の人は日本に比べたら多く、本を出してたりテレビに出てたり、台湾社会の中で一定の支持を集めています。

あ、ちょっと話がそれてしまいましたが、とにかく台湾では改名はわりと一般的なんです!

外国人も改名できます

台湾人と結婚した外国人は、最大で二回改名することができます。

1回目は、婚姻届を出すとき。

2回目は、いつでもお好きなときに。

たとえばアメリカ人の名前を例に挙げると、「John(ジョン)」は中国語では「約翰」と訳すと決まっています。

これは「John(ジョン)」がよくある名前だから、訳も決まっているというワケです。

ですがすごく珍しい名前の場合は訳がないので、自分で決めなければなりません。

この場合、運勢が良さそうな漢字を自分で決めて登録していいってワケなんです。

ちなみに外国人は苗字も変えられるので、めちゃくちゃ自由度が高いんです(笑)

つまり、わたしも「張○○」とかに改名できるワケでして、こうなってしまうとどこからどう見ても台湾人にしか見えません。

だから、名前だけ見たら完全に台湾人だけど、話してみたら日本人だった、ということがありえるワケです。

出演裏話

①かなり省略編集される

実は放送された部分以外にも、もっといろんなことをしゃべったんです。

ですが、やはり省略されちゃってましたね。

もちろんテレビで放送できないことをしゃべったワケではないのですよ。

でもやはり編集や時間の関係上、省略されるのは仕方がないのでしょう。

具体的には、テレビ制作会社の人が私の彼女に「好きな日本の芸能人は誰か?」という質問をした部分が省略されてました。

しかし彼女はそこでまさかの「速水もこみち!」とマジレス(笑)

まあ素直なことはいいことなんでしょうが、そこは機転を利かせて「デヴィ夫人が一番好きです!」と言って欲しかった(笑)

「デヴィ夫人」と答えてたら省略されてなかったかもしれませんし。

②テレビ制作会社の人ってめっちゃ激務

取材が終わった後も、編集で使う写真を提供するために、しばらく取材してくれたテレビ制作会社の人たちとメールでやりとりしてました。

そして、やりとりしてて気がついたんですが、テレビ制作の人たちってめっちゃ激務なんですね・・・。

早朝や夜遅くにバンバン返信が返ってきて、一体いつ休んでるのか分かりませんでした。

噂には聞いていましたが、あの人たち本当に忙しいですよ。

仕事量が多い時なんかは徹夜で働いたりもしてるんじゃないかな。

とにかくすごいタフな仕事だなと思いました。

最後に

今回は日本で大人気のテレビ番組に出演した感想でした。

バラエティ番組に取材されることなんてそう多くないと思うので、貴重な体験(というかネタ?)ができてよかったです。

ちなみにうちの親はほぼ毎週この番組を見ているようなので、相当興奮していました(笑)

まあ、ちょっとした思い出ができて良かったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする