シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国・台湾・香港の違いをサルでも分かるように解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国・台湾・香港の違いを分かりやすく解説

こんにちは、ゴダです。

(Twitterで海外のことつぶやいてます!→@oogoda1

突然ですが、皆さんは中国・台湾・香港の違いって知ってますか?

これらの地名ってよく耳にしますが、別に知らなくても生活には支障がないし、意識せずにただ聞き流してることってあると思うんですよ。

でも違いを知っておくことで、例えばニュースの理解が深まったり、外国人と会話するときに役立つかもしれません。

というわけで今回は、中国・台湾・香港の違いについて分かりやすくまとめました。

かなーり簡単にまとめたので、詳しい人からすると物足りない内容かもしれません。

でも、知識ゼロでも頭を使わずにサラッと読めて理解できることを目標にまとめたので、こんなに簡単な内容になってしまいました。

だから鋭いツッコミはなしにしてくださいね(笑)

この文章を読んでほしい人

→中国・台湾・香港の違いが分からない人

→中国・台湾・香港の違いなんて今更きけない人

スポンサーリンク

中国・台湾・香港の場所確認

中国・台湾・香港の場所

中国・台湾・香港の場所

ご存知、大陸の大部分を占めているのが中国(中華人民共和国)です。

その東にぽっかり浮かんでる島が台湾で、中国の南部にある小さな半島及び島が香港です。

中国・台湾・香港の歴史

中国と台湾の歴史

清朝の王族が住んでいた紫禁城

清朝の皇帝が住んでいた紫禁城

むかし中国には清という国がありました。

1616年から1912年までの期間です。

清は大国でしたが、末期にはヨーロッパや日本と戦争をし、負け続けていました。

当然、清は戦争に負けていたので、たくさんのペナルティーが課せられました。

具体的には、

外国に領土を奪われる
賠償金を払わさせられる

などです。

清朝
これやばい、領土も金もなくて、マジこの国オワタwwwそうだ、増税して国民の税金で賠償金払おうwww

民衆
冗談きついぜ。もう清にはついていけないよ。

というわけで民衆は清政府に不満を持ちはじめます。

そして清末期には、民衆による大きな反乱がいくつか起きました。

そこで民衆の不満を背景に、孫文という男が立ち上がります。

ちなみに孫文は、中華圏では「孫中山」という名前で知られてます。

孫文
うおっしゃー!!清には任せられん!近代中国を設立したろうやないかい!

孫文は明治維新を成功させた日本にならって近代国家を作り、西洋に対抗しようと考えました。

というわけで孫文が革命を起こし、清は滅亡します。

そしてその後、孫文は中華民国という国をつくりました。

(この革命を辛亥革命といいます。)

<ここまでのまとめ>

弱い中国を立て直すため孫文が革命を起こし、中華民国を建国した。

孫文
俺がこの国のトップだ。民衆は俺についてこい。

やがて孫文は中華民国を運営する政党として、中国国民党(以下、国民党)を組織します。

しかし当時の中国にはまだまだ対抗勢力がいました。

それが、中国共産党(以下、共産党)です。

当時の中国にはロシアから共産主義という考え方が入ってきていました。

共産主義は当時の不満いっぱいの若者たちに支持され、やがて毛沢東率いる中国共産党は力をつけていきました。

<ここまでのまとめ>

孫文・・・清を倒して中華民国を設立し、国民党を組織。
毛沢東・・・共産党を組織。共産主義という思想を掲げて中国制覇をたくらむ。ぶっちゃけ対抗勢力。

毛沢東
中国で共産主義を広めたい。

孫文
んー、まあ、弾圧はしないよ。

思想が全然違う国民党と共産党ですが、孫文が生きていた頃は仲良くしていたんです。

しかし、孫文が死んで蒋介石が国民党(中華民国)のトップになると、国民党は共産党を弾圧し始めます。

蒋介石
いや、共産主義みたいな思想は中国には要らないんで、出てってくんない?

毛沢東
クッソ、お前ら調子こくな。共産主義が絶対に正しい!

これがまあ国民党と共産党の対立の始まりですね。

それから国民党と共産党の内戦が始まり、戦いは日に日に国民党に不利になっていきました。

というのも、当時の国民党は日本との戦争で疲れ果てていて、共産党はロシアから武器の支援を受けていたので、最終的に共産党の方が強くなっちゃったんです。

一方、1945年8月に日本が第二次世界大戦に負け、台湾から撤退します。

(なんと、1895年から1945年まで台湾は日本の領土だった!)

そして、日本が撤退した後の台湾は中華民国が回収しました。

この頃の国民党は共産党との戦争にかなり苦戦していましたので、大陸を離れて、臨時政府を台北におくことに決めます。

そして台湾に移った国民党は「あとちょっとで共産党が台湾に攻めてくる」というところで共産党を食い止めることに成功。

そしてなんと、この状態は今日まで70年間くらい続いているんです。

つまり、共産党は中国大陸で中華人民共和国(中国)を、国民党は台湾で中華民国(台湾)を今日まで統治し続けているというわけですね。

中華人民共和国の国旗

中華人民共和国(中国)の国旗

中華民国の国旗

中華民国(台湾)の国旗。

<まとめ>

・毛沢東の共産党 → 国民党に勝って中華人民共和国を中国大陸で設立。共産主義。

・蒋介石の国民党 → 共産党に負けて台湾に移る。台湾で中華民国を存続。ただし現在は民進党に政権交代している。日本や欧米のような資本主義。

・台湾は完全に独立国といえる。ただし、台湾は国連に加盟しておらず、台湾を一つの国として承認している国は世界で20カ国のみと、国際的な地位は相当低い。

香港の歴史

今の香港の旗

今の香港の旗

イギリス統治自体の香港の旗

イギリス統治時代の香港の旗

香港はもともと中国南部の小さな漁村に過ぎませんでした。

しかし中国は1841年のアヘン戦争でイギリスに敗北し、香港をとられてしまいます。

そして、その後香港は約150年にわたるイギリス統治を経て、1997年に中国へと返還されました。

150年の間、イギリスは香港を自由貿易港として整備し、貿易に関税をかけませんでした。

そこへイギリス式の資本主義制度が導入されたわけですから、香港の経済は飛躍的に伸びたのです。

ですから1997年に中国に返還された後も、香港は先進国並みの経済力を持ってるんですね。

このように、香港は経済力や歴史や文化などあらゆる面から見て中国とは異なります。

<まとめ>

香港は1997年までイギリス。それ以降は中国の領土である。

結局、台湾って国なの?香港は?

台湾は完全に独立国です。

なぜなら、独自の政府、国会、裁判所、軍隊、通貨、アイデンティティなど、独立国と言える機能を全て備えているからです。

しかし、台湾にはただ一つだけ欠けているものがあります。

それは、他国からの承認です。

2017年8月現在、台湾を国として認めているのは世界中で20カ国のみ。

もちろん、日本は台湾を国として承認していません。

この通り、台湾には他国からの承認だけが欠けており、それ以外の独立国に必要なものはほとんど全て備えています。

また、香港は1997年に中国に返還されたので、完全に中国の一部です。

ですが、中国は2047年までは特別行政区として、高い自治権などを与えています。

中国・台湾・香港の言語

会話

第一言語(母国語)

第二言語

中国

中国語

地方の言葉(上海語、四川語など)

台湾

中国語

台湾語(ご年配や台湾南部の人が話す傾向にあり)

香港

広東語

中国語(学校で勉強)

中国と台湾は中国語(北京語)を話し、香港は広東語を話します。

中国語と広東語は全然違う言語なので、中国人と台湾人はお互いに会話ができますが、香港人とは会話ができません。

ですが、最近の香港人は学校で中国語を勉強しているので、若い香港人は上手に中国語を話します。

また、中国各地には中国語とは違った方言が数多く存在します。

ですので中国人は基本的にバイリンガルと言えるでしょう。

どういうことかと言うと、上海の人なら中国語と上海語を、四川の人なら中国語と四川語を話します。

また、台湾にも台湾語という言語があり、中国語とは全然違う言語です。

つまり台湾人も基本的にみんなバイリンガルということです。

(ただし、若い人は台湾語があまり話せない傾向にあります)

文字

中国は簡体字と呼ばれる簡略化された漢字を使用しているのに対し、

台湾と香港は繁体字と呼ばれる伝統的な画数の多い漢字を使用しています。

例えば「広」という字は、中国では「广」と書きますが、台湾や香港では「廣」と書きます。

「広」の字の書き方

中国 → 「广」

台湾、香港 → 「廣」

このように漢字によっては中国と台湾・香港で書き方が全然違うので、相手の国の文字が読めないという人もいます。

なお、シンガポールやマレーシアの華人は中国式の簡体字を使用しています。

中国・台湾・香港のお金

「歴史」で説明したように、中国・台湾・香港はそれぞれ歴史背景が異なります。

歴史背景が異なるため中央銀行も異なり、よって、発行されているお金も異なります。

人民元(中国)

人民元

人民元

中国のお金は毛沢東の顔がプリントされているのが特徴的です。

日本語では「人民元」と言いますが、現地では「人民币」「RMB」「CNY」「块」「元」などと言います。

1人民元 = 16.3311542 円(2017年5月8日現在)

台湾元(台湾)

台湾元

台湾元

台湾のお金には孫文や蒋介石などの歴史人物以外にも、野球少年や科学の実験をしている子どもたちがプリントされています。

日本語では「台湾元」「台湾ドル」「ニュー台湾ドル」と言いますが、現地では「台幣」「TWD」「NT$」「塊」「圓」などと表記されます。

1台湾ドル = 3.73839044 円(2017年5月8日現在)

香港ドル

香港ドル

香港ドル

香港ドルにはライオンの絵などがプリントされています。

日本語では「香港ドル」と言いますが、現地では「港幣」「港紙」「HKD」「圓」などと表記されます。

また、香港ドルは香港金融管理局によって運営されていますが、発行は香港上海銀行、スタンダードチャータード銀行、中国銀行 (香港)の3銀行が行なっています。

1香港ドル = 14.4795987 円(2017年5月8日現在)

中国・台湾・香港のパスポート

中国・台湾・香港は歴史背景が違うのでパスポートも異なります。

中国

中国(中華人民共和国)のパスポート

中国(中華人民共和国)のパスポート

特徴は赤をベースに中国の国旗にある五つ星がプリントされてる点と、簡体字で書かれた「护照」(パスポート)の文字です。

中国人旅行客に対してビザ免除または到着時のビザ(アライバルビザ)を発給してる国は53カ国あります。

なお、中国人が日本旅行をする場合はビザを取得する必要があります。

台湾

台湾(中華民国)のパスポート

台湾(中華民国)のパスポート

特徴は緑をベースに台湾の国旗にある太陽がプリントされてる点と、繁体字で書かれた「護照」(パスポート)の文字です。

台湾人旅行客に対してビザ免除または到着時のビザ(アライバルビザ)を発給してる国は130数カ国あります。

なお、台湾人が日本旅行をする場合はビザは不要です。

香港

香港のパスポート

香港のパスポート

特徴は紺をベースに中国の国旗にある五つ星がプリントされてる点と、繁体字で書かれた「護照」(パスポート)の文字です。

香港人旅行客に対してビザ免除または到着時のビザ(アライバルビザ)を発給してる国は150数カ国あります。

なお、香港人が日本旅行をする場合はビザは不要です。

※1997年以降、香港は中国の領土なので、パスポートには中国国旗の五つ星がプリントされるようになった。

中国・台湾・香港の行政や司法

行政や司法について細かく説明するとWikipediaみたいになっちゃうので、ここでは詳細に説明しません。

中国と台湾は独立した国なので、それぞれ自分の国会や裁判所をもっています。

また、香港は中国の一部なので国会はありませんが、議会や地方裁判所や行政長官(香港首長)が存在します。

しかしここ最近になって、香港の中国化を早めたい中央政府(北京)が自分たちの意に沿わない人物の立候補を排除するシステムを導入しました。

そして「そんな選挙は民主的じゃない!」と怒った香港人たちが立ち上がり、香港の中心部でデモを起こしました。

これが2014年に起きた「雨傘運動」です。

雨傘運動

雨傘運動

写真のように、香港の中心地が民主的な普通選挙を求める民衆で埋め尽くされました。

中国人・台湾人・香港人のアイデンティティ

台湾と香港は歴史・政治・経済・文化などあらゆる面において中国と異なります。

ですので自分のことを「中国人ではない」と考える人も非常に多いんです。

以下に調査結果を引用します。

台湾の政治大学選挙研究センターの調査では、1992年に調査を始めた時は「中国人」「中国人であり台湾人」とする回答が全体の4分の3を占め、「台湾人」との回答は19%に過ぎなかった。それが2015年には「台湾人」という回答は60%を超え、「中国人であり台湾人」が33%、「中国人」が3%になってしまった。

一方、香港でも香港大学民意研究プロジェクトの調査(2016年6月)によれば、自身を「香港人」と考える人は67.0%(2006年調査では49.9%)であったのに対し、逆に「中国人」と称する者は30.7%(2006年調査では49.5%)に達した。アイデンティティーの面でも「若者の中国離れ」が着実に進行しており、香港アイデンティティーは、台湾アイデンティティーの動きを10年遅れで追いかけているように見るのが自然である。

出典:nippon.com

台湾で自分のことを台湾人と思っている人は93%。

また、香港で自分のことを香港人だと思っている人は67%となっています。

このように台湾と香港では、若者を中心に中国離れが進んでいます。

なお、これから時間が経てば、この傾向はさらに加速すると考えられます。

中国・台湾・香港と日本の関係

中国と日本の関係

中国と日本の間には国交があります。

両国は1972年に日中共同声明に調印し、国交を回復させました。

「日本は中国に謝罪する」

「中国を唯一の合法政府と認め、台湾との関係を絶つ」

「中国は賠償請求をしない」

「日米安保を認める」

などを確認した上での国交回復でした。

台湾と日本の関係

1972年の日中共同声明を経て、日本は中国を認める代わりに、台湾との国交を断絶しました。

なので、現在の日本は台湾を国として認めておらず、よってお互いの国に大使館がありません。

しかし日本国内には台北駐日経済文化代表処という機関があり、ここが事実上の大使館業務を行なっています。

つまり、国交がないというのは表面的なものであり、実際には国と国同士の関係が続いているのです。

また、たとえ国交がなかったとしても、日台両国の国民感情はとても良好です。

「台湾は親日」というのをネット上でよく目にしますがこれは本当です。

わたしは6年ほど台湾に住んでいるのですが、本当に台湾人によくしてもらっています。

(わたしが日本人だと分かると優しく接してもらえたりする。)

香港と日本の関係

香港はもともと国だったことはなく、イギリス時代も現在も日本との国交はありません。

ですので日本で香港関連の手続きをする際は、中国大使館に行くことになります。

最後に

以上、中国・台湾・香港の違いでした。

「今更きけない」という人のために分かりやすく解説したつもりですが、疑問点があればいつでも質問してくださいね。

もっと中国と台湾について知りたい人はコチラ↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] →ゴダラボ:中国・台湾・香港の違いをサルでもわかるように解説 […]