SNSでのシェアや保存はコチラ

毎日が楽しくない人へ。楽しく生きるための7つの方法

SNSでのシェアや保存はコチラ

毎日が楽しくない人へ。楽しく生きるための7つの方法

こんにちは、ゴダです。

(Twitterはコチラ→@oogoda1

今回は毎日が楽しくない人に向けて、楽しく生きるための7つの大切なことをお伝えします。

私は過去に数度転職を繰り返したり、海外留学をしたり、海外で働いてみたり、「なんか違うな」と思って何度も環境を変えてきました。

そしてその結果、今は自分に合う生き方を見つけることができ、楽しく生きることができています。

ですので、私のような若造が人生について語るのも恐縮ですが、誰かの人生のヒントになるかもしれないと思い今回の記事を書きました。

この文章を読んでほしい人

→人生がイマイチな人

→人生を充実させたい人

→やりたいことが見つからない人

スポンサーリンク

「毎日が楽しい」は不自然

ときどき「毎日を楽しく過ごしたい」という人がいますが、「毎日が楽しい」という状態は不自然です。

なぜなら「楽しい」という感情は何か楽しいことや嬉しいことが起きた時の「一時的な感情」に過ぎず、楽しいことがそんなに毎日起こるはずがないからです。

ですから冒頭で「自分に合う生き方を見つけることができ、楽しく生きることができています」とは書きましたが、「毎日が楽しいです」とは書きませんでした。

別に毎日楽しいわけではないです。嫌なこともときどき起こりますし、ブルーな気分の日もあります。

でも今のライフスタイルは自分に合っていて、生活全体でいうと楽しく過ごせています。

自分に合ったライフスタイルをみつけて人生を楽しく送るコツ

以下に、自分に合った生き方を見つけて人生を楽しく過ごすコツ(考え方や方法)をまとめました。

「いいな」と思うことを少しずつやってみる

今の生き方が自分に合わなくて、転職、起業、留学、移住など大きな環境の変化を検討しているとします。

ですが、いきなり人生を大きく変えるのにはリスクがありますよね。

そこで私は、週末の時間を利用して興味のあることに少しトライすることをオススメします。

こうすることで情報収集をし、環境を大きく変えた後の生活の疑似体験をすることができます。

具体的には、起業がしたいのならば副業するとか、留学や移住がしたいなら外国人の友達を作って現地の話を聞いたりオンライン英会話をするとか、

大きく環境を変える前に少し動いてみることです。

私もサラリーマン時代に副業をしたり、外国人の友達を作ったりしていました。

その行動があったから「海外生活はありだな」と判断できたし、実際に移住してからも理想と現実のギャップを減らすことができました。

ムダなものを思い切ってカットする

「いいな」と思うことを少しやってみた後は、ムダなものを思い切ってカットすることをオススメします。

これは何も、すぐに大きく環境を変えろという意味ではありません。

節約生活をしてみたり、禁煙をしてみたり、飲み会の回数を減らしたり、テレビを押入れにしまったり、こういうムダのカットを積み上げることで、金と時間の節約ができます。

時には人間関係の整理も必要かもしれません。

ただし、人間には感情があるので、物に比べると簡単には整理することができません。

このへんが人間関係の難しいところですが、ただ会ってダラダラとした時間を過ごすことには意味がないので、時には整理が必要です。

他人と比較しない

人は他人と比較すると不幸を感じます。

ですのでできれば他人の生活には無関心なくらいがちょうどいいです。

ですが、今の時代はFacebookやTwitterをやっていると、いくらでも他人の情報が入ってきます。

昇進したよ

ハワイに行ったよ

彼ができたよ

結婚したよ

子どもが有名私立学校に入学したよ

etc

最初は昇進にもハワイにも興味がなくても、SNSで何度も聞かされると人ってだんだん「いいな」って思ってきちゃうんですよね。

かくゆう私もよくSNSで他人と比較して嫉妬しています。

そこで私は、他人の情報を遮断することをご提案します。

具体的には、Facebookなら「フォローをやめる」、Twitterなら「ミュート」という機能を使ってまずはSNSの情報を遮断します。

こうすることで他人の羨ましい情報が勝手に流れてこなくなるし、自分の今日だけにフォーカスして生活することができるようになります。

大切なのは他人との比較じゃなくて、他人とか関係なく自分がどうしたいかです。

そのためには情報の遮断が有効だと考えております。

参考資料:人々はFacebookをやめると幸せになる――デンマーク研究

他人への迷惑のかけ方を考える

自分がやりたいことを通そうと思うと、誰かに迷惑がかかります。

例えば、私は24歳の頃に東京で飲食店を経営していたのですが、途中で経営共同者が嫌いになって突然辞めてしまいました。

このような不義理は良くないことですが、もしあのまま続けていたらストレスがたまって病気になっていたかもしれないし、台湾留学もできなくて後悔ばかりの人生になっていたことでしょう。

だから共同経営者と会社関係者には迷惑をかけてしまったけど、自分の選択は間違ってなかったなと思います。

でも、自分がしたいことを実現するために何をしてもいいかと言うとそういうワケでもないですよね。

つまり金が欲しいから強盗していいというわけではないですし、迷惑にもレベルがあります。

上の例でいうなら、突然辞めるのではなく、もうちょっと辞め方があったんじゃないかなと思います。

ですから「やりたいことをやろうと思ったら必ず誰かに迷惑がかかる」という前提のもと、迷惑のかけ方を考えることが大切です。

人からどう見られているかを気にしない

私は今、未確認生物を捕獲するツアー台北できなこ餅を販売するツアーを企画しています。

知り合いのフランス人が失踪したので、その人を探しにフランスまで行くことも計画しています。

自分でもおかしなことばっかりやってると思いますよ、本当に。

でも、他人からどう見られているかを気にしすぎるあまり、自分を出さないのも違うじゃないですか。

私はもともと、世界を股にかけてビジネスをする男や、映画のようなセクシーでスリリングな大冒険に憧れていました。

でもそんなこと口にすると「アホか」と言われそうだし、経済的な不安ももちろんあります。

でも心が惹かれる方向に体がもっていかれる。まるでブラックホールに吸い込まれるように。

他人からアホだと思われてもいい、とにかく心が惹かれる方向に行きたい。

本気でこのように思って行動を始めた瞬間から、心がフワッとなって人生が楽しくなってきました。

批判とうまく付き合う

生きていると他人から批判されることが多々あります。

基本的にはスルーしたりブロックするのが楽なのですが、そればかりしてると自分の意見に固執してしまう視野の狭いバランスの悪い人間になっちゃいます。

だって中には理性的な批判もありますからね。受け入れた方がいい批判もあるんです。

理性的な批判とただの嫉妬ややっかみを区別するのは難しいですが、理性的な批判は言葉遣いが上品で、個人攻撃を目的としていないことが多いです。

自分がしたいことを実行するためには、自分も歳相応の成長をしていく必要があります。

そのためには批判と向き合い、反省することも大切なのではないでしょうか?

結果を出す

最後に結果を出すことの重要性についてです。

結果を出すことは重要です。

結果が出るとモチベーションの維持にもなるし、何より社会に対するインパクトが大きくなります。

自分が「コレだ!」と決めたことを続けていくには、やはり結果を出さなければいけません。

最後に

ここまで書いてきたことは、言うのは簡単ですが、実行するのはものすごく難しいことです。

なぜなら人間は習慣の生き物であり、これまでの習慣を変えることは容易ではないからです。

また最後に挙げた「結果を出す」は、自分の力ではどうしようもない外部の要因も関係するので、これまたものすごく難しいことだと思います。

ですが、やっぱり一度きりの人生を妥協して終わらせたくないじゃないですか。

せっかくなら自分に合ったライフスタイルをみつけて、人生を楽しく送りたいじゃないですか。

そこで今回は人生を楽しく送る方法(コツ)についてまとめてみました。

毎日とまではいかなくても、全体として「楽しいよ!」って言える人生が送りたいですよね。

共に楽しんでいきましょう!



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー