シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【台湾B級グルメ】黒魔術!悪魔弁当を食べに永和まで行ってきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悪魔弁当!

悪魔弁当!

どうも、旅する起業家ゴダです。

(Twitterはコチラ→@oogoda1

今回もやってまいりましたぁ〜!台湾B級グルメの時間です!

今回は悪魔弁当(中国語:惡魔便當)という、なんともヤバそうな弁当があるという情報をキャチしたので行ってまいりました。

ですので「もしかしたら黒魔術をかけられてゴダラボもこれで最終回になるかもしれない」という覚悟で行ってきましたが、結果的にめっちゃ安全で美味しかったので皆さまにも紹介いたします。

※当コーナー「台湾B級グルメ」では、わたしが実際に食べて美味しいと思ったものだけを紹介しています。新北市の店を中心に紹介していますが味は保証します。近くに寄ることがあればぜひトライしてみてくださいね。

スポンサーリンク

購入→食レポ

悪魔弁当店の周辺

悪魔弁当の周辺

今回はある筋からの情報で、新北市永和に悪魔弁当と呼ばれるかなりヤバめの弁当があると聞いてやってまいりました。

ゴダ
地図によるとこの辺のはずなんだけどなぁ・・・ 

「焼肉弁当」の文字が

文化路をしばらく歩くとでっかい「悪」と「焼肉弁当」の文字が

「悪魔弁当」ではなく「焼肉弁当」

「悪魔弁当」ではなく「悪 焼肉弁当」

ちゃんと炭火で肉をあぶってる

炭火で肉をあぶってる

ゴダ
あった!ここだ!

でもよーく見ると、「悪魔弁当」ではなくて「悪焼肉弁当」と書いてあります。

ゴダ
誰や!悪魔弁当いうたのは!

最初聞いていた名前とは違っていましたが、まあ味が美味しければ全てOKですよね。

情報提供者から「かなり美味しい」と聞いているので、早速購入してみることにします。

「悪・焼肉弁当」の値段

「悪・焼肉弁当」の値段

一番豚の焼弁当・・・100元

極牛の焼弁当・・・120元

炙焼鯖魚の焼弁当・・・120元

悪鶏の焼弁当・・・130元

贅沢牛カレー・・・85元

日本語なのか中国語なのか判断が難しいところですが、意味が分かるのはありがたいです。

情報によると豚と鯖あたりが美味しいとのこと。

わたしは初めて来たので、まずはメインのメニューであろう「一番豚の焼弁当 100元」をオーダーしてみました。

一番豚の焼弁当

一番豚の焼弁当

豚肉はトンバラみたいな感じで薄めです。

バーベキューの焼肉のタレの匂いがします。

ゴダ
めっちゃいい匂いやん!

しかも炭火焼なので余計期待ができます。

紫外線 赤外線パワー!

ひとくちめ

ひとくちめの肉

ひとくちめの肉をいただきました。

ゴダ
うん、うまい!

決して高級な味ではないですが、懐かしい味がします。

おそらくタレに生姜が入っているのでしょう。

これは間違いなく懐かしの「豚の生姜焼き」ですね。

ゴダ
母ちゃんの味がしたよ!

まさか台湾で懐かしの味に出会えるとは思ってませんでした。

ゴダ
さすが日式!

ちなみに言うと米もうまかったです

ちなみに言うと米もうまかったです

そして、今回忘れていけないのは米の部分です。

おそらくこの店は米にもこだわっているのでしょう。

米の種類がいいのか炊き方がいいのかは分かりませんが、ツヤツヤで美味しいです。

これも日本の美味しい弁当っぽくてポイントが高いです。

ゴダ
さすが日式!

ちなみに、卵はラーメン屋の味卵みたいな感じで、味がしみっててめちゃめちゃ美味しかったですよ。

ラーメン好きの私にとっては、ラーメン屋みたいな味玉があるのは嬉しいです。

コスパ

他の台湾の弁当屋さんに比べると100元でこの量はちょと少ないかもしれません。

ネットで調べたら、案の定「量が少ない」という評価をしている人が多かったです。

でも味は確かなので「量はそこまで気にしない」という人にはかなりオススメです!

その他のメニューについて

今回は一番豚の焼弁当についてしかレポートできませんでしたが、噂によると牛肉も鯖も鶏肉も美味しいらしいです。

さらに言うとカレー(85元)が結構うまいという噂で、毎日でもカレーが食べられる私にとっては絶対トライしてみないといけないメニューですね。

近いうちに食べに行きますので、その様子はまたツイッターとかで流れるかもしれないです。(流れないかもしれないです)

アクセス・詳細

惡燒肉便當

所在地:No. 82, Wenhua Road, Yonghe District, New Taipei City, 台湾 234

営業:毎日 11時~14時、17時~21時(休みなし)

電話:+886 2 3233 2766

結局、何が「悪」かは分からなかったです・・・。

【関連記事】

台湾B級グルメ一覧

【Follow!】

Twitter → @oogoda1

Facebook → ゴダラボ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする