シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【台湾屋台2回目】人気ブロガーと台湾の路上できな粉餅を販売!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人気ブロガーときな粉餅販売!

人気ブロガーときな粉餅販売!

こんにちは、旅する起業家ゴダです。

(Twitterはコチラ→@oogoda1

現在わたしは日本人旅行客と一緒に台湾で屋台を経営するツアーを行なっています。

いつか、大手がやらないようなアブノーマルなツアーばかりを扱う旅行会社を作りたいと考えていて、その一環ということで実験的に屋台経営体験ツアーを行なっているのです。

先日、台北滞在中のノマドワーカー・テツヤマモトさん(@okapo192)とお会いしました。

そして「何か面白いことしたいね」ということになり、テツヤマモトさんと屋台経営をしてまいりました(笑)

今回はその時の様子をレポートします。

お楽しみください(^^)

※応募者が殺到したため一旦応募は締め切っていますが夏頃に再開する予定です。興味のある方はツイッターフェイスブックページをフォローください。

スポンサーリンク

テツヤマモトさんと販売してきました!

テツヤマモトさん

タピオカミルクティーとテツヤマモトさん。

ゴダ
初めまして。ヤマモトさんは旅しながら仕事をしているノマドワーカーと聞いたのですが?

ヤマモトさん
そうなんです、台北に一ヶ月滞在した後はフィリピンに行く予定でして、その後はもっと違う国にも行きたいなーと考えています。

ゴダ
うわー、けっこうガチなノマドワーカーですね。わたしも旅行は好きなので、ヤマモトさんとは話が合いそうです。

ヤマモトさんは面白ハンターというブログを運営しており、旅しながら働く生活を送っています。

わたしはもともと面白ハンターの読者であり、以前からヤマモトさんのことを知っていました。

もちろん彼はオリジナルな面白ハンターですが、「海外で面白いことをする」という意味ではわたしも立派な面白ハンターです。

ここは同ジャンルの人間ということで、ヤマモトさんに負けるわけにはいきません。

私も面白ハンターの名に恥じないよう、張り切ってきな粉餅を売ってきました。

【参考記事】

テツヤマモトさんも今回の販売の様子を記事にしています。
台湾の路上で、手づくりの「きな粉餅」を売ってみた。

収益報告

売り上げ数:11食(15食)

売り上げ:440元(600元)

原価:170元(570元)
→白玉粉ときな粉で522円、容器で90円

利益:270元(30元)

※カッコ内は前回の数字

前回と比較して、売り上げ数は4食ダウン、原価は驚異の400元ダウン、利益は240元アップ!

というわけで、売り上げが落ちたにもかかわらず、原価をかなり抑えることができたので利益は増えました。

それでは、どうやって原価を減らすことに成功したのでしょうか?

その方法を以下でご説明いたします。

コスト削減の方法

第一回目のときは日本人男性Aさんに日本から白玉粉を買って来てもらいました。

だから日本の味を再現できたのですが、やはりコストはかなり高くついてしまいました。

前回は売上600元に対し、原価が570元。利益はたったの30元でした。

これは誰にでも分かる明らかな仕入れミスです。

ですので、今回はこの点を改善すべく、台湾で安い白玉粉を探しました。

結果、「全聯」という大手スーパーで糯米粉(もち米粉の意)と黃豆粉(きな粉の意)をゲットすることに成功。

糯米粉

日正食品という会社から発売されている糯米粉(もち米粉)

これに容器代を合わせて、原価代は合計170元でした。

前回と同じく一食40元で売る予定だったので、5食売れば元手を取り返せる計算になります。

前回は13食が損益分岐点だったので、5食ならかなり余裕ですよね。

もはや商売の基本すぎてここに書くのもはばかられますが、やはり原価の計算と仕入先の確保は超重要です。

皆さんも基本は大切にね(ってそんなこと分かってるか笑)

肝心の味は・・・?

きな粉餅

今回のきな粉餅。見た目も味もいい。

原価を抑えることができても、味が悪いと話になりません。

ですが、台湾の白玉粉ときな粉については心配いりませんでした。

一か八かの賭けだったのですが、味は日本のものとほとんど同じでかなり美味しかったです。

細かいことを言うと、日本の粉を使った方がモチモチしていたかもしれません。

ですがそれもほとんど気がつかない程度でした。

ですので台湾で餅や白玉を作るのは問題ないと思っていただいて大丈夫です。

ですが、やっぱり他の食品を作る場合は注意が必要だと思います。

台湾の食材では日本の味が再現できない場合もありますので・・・。

売り上げが落ちた理由

買ってくれた台湾のおばさん

買ってくれた台湾のおばさん

売り上げが前回の15食から11食に落ちてしまいました。

原因は分析中なのですが、これがよく分からないんですよね。

今回は前回に比べて作業が早かったので、午後3時前には外に出て売り始めていたんですよ。

(前回は午後4時から売り始めました)

だから販売時間はしっかり確保できたし、おやつ時だったのでタイミング的には悪くなかったと思うんですよね。

でも実際に売り始めてみると前回のようにスムーズには売れませんでした。

気温も涼しかったし、家族連れもたくさんいたし、コンディション的には問題なかったと思うんだけどなー。

売り上げが落ちた理由については現在分析中なので、何か分かりましたらここに追加で書き込んでいきます。

(ただ運が悪かったような気もするんだけどなー笑)

夜市で打ち上げ♪

今回は利益が少し出たので、そのお金で夜市で食事をしました。

悪魔鶏排

悪魔鶏排 70元

台湾の夜市名物、悪魔鶏排。

たったの70元なんですが、手のひらより大きいフライドチキンが食べられます。

この夜市はわたしの庭でもある楽華夜市という場所なのですが、噂によると他の夜市でも悪魔鶏排は買えるそうです。(チェーン店というわけです)

夜市ラーメン

夜市ラーメン 99元

先日ご紹介した幸花ラーメンです。

99元でわりと本格的なラーメンが食べられるのでオススメです。

記念撮影

記念撮影

お別れの瞬間に記念撮影をしましたが・・・

ブレたー!!!笑

でもこれはこれで面白いから全然OKです。

ヤマモトさん、一日一緒に販売できて楽しかったです。

台湾屋台Pの今後

今のところ4人から台湾屋台P参加の連絡をいただいていますので、引き続き販売をしていきます。

ですが、次回からは商品を変えたいですね。できればきな粉餅以外のものが売りたい。

やはり売ってて楽しいのは店舗での販売でしょう。

実は最近、ある筋からのタレコミで、一日300元(約1080円)で貸りられるスペースがあるとの情報をゲットしました。

わたしはあくまで「海外体験ツアー」としてこの企画を運営しているので、一ヶ月単位で家賃を払うことはできません。

ですが、一日単位で場所を貸してもらえるなら、そんなにありがたい話はありません。

しかもそこなら電源も使える可能性が高いので、そうなれば当初の予定であるたこ焼き屋台の経営が可能になります。

これまでは野球場の売り子みたいに歩き売りをしていたので、店舗を構えればもっと面白いことになるかなーと期待して、プロジェクトを進めています。

ですので、現在参加の応募をしていただいてる方は、店舗でたこ焼き販売ができるかもしれません。

乞うご期待!

台湾屋台Pに参加したい方へ

台湾屋台プロジェクトの募集後5日間で5人からの申し込みがありました。

わたしの処理能力の限界もありますので、現在は申し込みを締め切らせていただいております。

ですが、夏ごろから応募を再開する可能性がありますので、引き続き最新情報のフォローをよろしくお願いします。

フォローはこちらから↓

フェイスブックページ ゴダラボ

ツイッター ゴダ(Goda)

テツヤマモトさんのフォローはこちらから

ブログ→面白ハンター

ツイッター→@okapo192

テツヤマモトさんが書いた今回の記事→台湾の路上で、手づくりの「きな粉餅」を売ってみた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする