スポンサーリンク

【台湾語学留学】おすすめ中国語学校の比較と申請方法まとめ

台湾

台湾で中国語留学!

どうも〜、ゴダです。(Twitterはこちら→@oogoda1

わたしは2011年から2012年にかけて台湾で中国語留学をしていました。

ネット上には台湾の語学学校に関する情報はたくさんあります。

でも各学校の詳細を比較しているサイトは少ないような気がするんです。

そこで今回は「ないなら自分でやっちゃえ」の精神で各学校の詳細を比較してみました。

わたしも過去に台湾留学しています。留学の不安については理解してるつもりです。

だから今回は「留学前の自分に教えてあげたかった情報」を載せました。

この記事がみなさんの参考になりますように(^ ^)v

スポンサーリンク

中国語学校を選ぶ

中国語学校のクラス

中国語学校の一般的なクラス分けは以下の通りです。

初級1、初級2、初級3(ここまでで9ヶ月)

中級1、中級2、中級3(ここまでで1年6ヶ月)

上級1、上級2、上級3(ここまでで2年3ヶ月)

※各レベル約3ヶ月

もちろん学校によって多少異なります。

だいたい1年やれば「日常会話が可能な中レベル」に達し、

2年やれば「専門的な文書が読める上級レベル」に達するようになっています。

ちなみに内容にもよりますが、日中翻訳業ができるラインは1年〜1年半でしょう。

だから語学学校で1年〜1年半くらいは勉強しておくと後々有利ですよ。

ちなみに、台湾の中国語学校にはだいたい台湾語のクラスもあります。

台湾語は北部ではあまり話されませんが、南部では頻繁に耳にする言語です。

台湾語を聞くと親近感を覚えるという台湾人も多いので、

台湾語が少しでもできると、仕事がしやすくなったり友達ができやすくなります。

心の距離がぐっと縮まるのは間違いないですね。

(わたしは台湾語が全然できないので、心の距離も縮まりにくい。)

参考:台湾って何語?中国語と台湾語の違いを分かりやすく解説

中国語学校を選ぶ基準

中国語学校を選ぶ基準は以下の通りです。

・学校がある場所
→台北以外にも語学学校はある。自分の条件に合わせて留学する場所を決めよう。
・学費
→予算内かどうか。学校によってはかなり安かったりする。(淡江大学など)
・授業が始まる日、終わる日
→各語学学校で学期の期間が異なる。自身の留学プランに合わせて選ぼう。
・日本人学生の数
→日本人が多すぎると日本語をしゃべってしまうので要注意。
・全体の学生数
→学生数が多ければ先生の数も多くなる。大きい学校だと自分に合った先生を選べる。
・大学寮があるかどうか
→留学初期に自分でアパートを探すのは大変。入寮できると楽です。

※先生の質について・・・中国語学校の先生は休職・転職することがあり、海外の語学学校に派遣されることもある。入れ替わりが激しいので「この学校の質がいい」とは断定できない。

台北の語学センター

台湾師範大学

台湾最大の中国語センターであり、毎年70ヶ国から5,000人以上の留学生が来ている。

学生全体に対する日本人の割合は約3割。

語学留学生でも寮の利用ができるが、部屋の数が少ないため入寮できないこともある。家賃は2人部屋で1ヶ月4,200元、1人部屋で1ヶ月7,100元。

また、台北駅から3駅の古亭駅に位置し、古亭駅からは徒歩7分である。

インテンシブクラス、レギュラークラス、個人クラスの3種類から選択でき、インテンシブクラスはレギュラークラスの1.5倍のスピードで授業が進む。

公式ホームページ(日本語)

費用

授業 時間 学費
インテンシブクラス(6〜9人) 週15時間 3ヶ月で36,000元
レギュラークラス(6〜10人) 週10時間 3ヶ月で26,400元
個人レッスン

(週10時間まで増やせる。料金は時間に比例する。)

週2時間 3ヶ月で18,000元

費用詳細

期間

台湾師範大学の授業は1学期3ヶ月。

学期 期間
2018年春季クラス 2018/03/01 〜 2018/05/31
2018年夏季クラス 2018/06/01 〜 2018/08/31
2018年秋季クラス 2018/09/01 〜 2018/11/30
2018年冬季クラス 2018/12/01 〜 2019/02/27

応募締め切り日などの詳細

その他

以下はわたしが台湾師範大学を訪問した内容をまとめた記事です。

雰囲気が伝わればと思いここに掲載しました。ぜひ参考にしてください。

台湾師範大学の華語中心(中国語センター)の様子をレポート

 台湾大学

2000年に開学した語学センター。

学生は毎期150名ほど在籍しており、日本人も多い。

語学留学生でも寮の利用が可能。家賃は2人部屋で1ヶ月4,900元、1人部屋で1ヶ月7,400元。

台北駅から4駅のMRT科技大樓駅に位置。駅からは歩いて11分。

公式ホームページ(中国語・英語)

費用

授業 時間 学費
レギュラークラス春〜秋(5〜7人) 週15時間 40,000元
レギュラークラス冬(5〜7人) 週15時間 34,100元
個人レッスン 1クラス 600元

費用詳細

期間

旧正月の関係上、冬季のみ期間が短い。(そのぶん学費も安い)

学期 期間
2018年春季クラス 2018/03/05 〜 2018/05/25
2018年夏季クラス 2018/06/04 〜 2018/08/24
2018年秋季クラス 2018/09/03 〜 2018/11/23
2018年冬季クラス 2018/12/03 〜 2019/02/15

学期詳細

 淡江大学

淡江大学の本キャンパスは淡水にある。淡水は台北市内からMRTで1時間ほど行った郊外エリアだ。

しかし中国語センターだけは都心部にある。台北駅から3駅の東門駅に位置し、東門駅からは徒歩5分ほど。

留学生は図書室や自習室などが利用できる。寮はないので自分で部屋を探す必要がある。

学費が安いことで有名。(下表参照)

公式ホームページ(日本語)

費用

淡江大学は3.75ヶ月で28,000元。台湾師範大学は3ヶ月で36,000元。学費がものすごく安いことが分かる。

授業 時間 学費
1日3時間コース(10〜15人) 週15時間 3.75ヶ月で28,000元
個人レッスン 1時間 500元

※3週間からの短期コースもあり。(詳細は以下リンクを参照)

費用詳細

期間

淡江大学には学期がなく、毎月の月頭から授業を開始することができる。

ただし、申し込み日は開講日の4週間前となっているので注意しよう。

学期詳細(上のリンクと同じページです。)

 中国文化大学

「大安森林公園」という台北最大規模の公園が近くにある。都心の落ち着いた語学センター。

寮無し。よって、自分で部屋を探さなくてはならない。

台湾師範大学に比べると日本人は少なめ。

学費が安い。

公式ホームページ(日本語)

費用

授業 時間 学費
レギュラークラス(6〜12人) 週15時間 3ヶ月で27,000元
レギュラークラス(6〜12人) 週15時間 1ヶ月で13,500元
個人レッスン 1時間 600元〜

※中国文化大学は、早期申請割引や長期就学者割引がある。詳しくは以下のリンクを参照。

費用詳細

期間

中国文化大学の授業は毎月頭に開学している。

退職の都合などで留学期間が調整しにくい人には便利かもしれない。

学期詳細

台中の語学センター

 逢甲大学

台中の有名私立大学。

場所は台中駅や繁華街からやや離れている。

周囲には夜市があり、商店も多い。便利で賑やかな学生街だ。

語学留学生でも寮に住むことができる。1人部屋で1ヶ月5,000元。

公式ホームページ(日本語)

費用

授業 時間 学費
レギュラークラス 週15時間 3ヶ月で23,500元
レギュラークラス 週15時間 6ヶ月で46,500元
レギュラークラス 週15時間 9ヶ月で69,000元

※次学期開始の1ヶ月前までに次期の学費を納めればNT$500の割引となる。

※ホームページには個人レッスンに関する記載なし。

費用詳細(日本語)

期間

学期 期間
2018年春季クラス 2018/03/05 〜 2018/05/31
2018年夏季クラス 2018/06/05 〜 2018/08/31
2018年秋季クラス 2018/09/05 〜 2018/11/30
2018年冬季クラス 2018/12/05 〜 2019/02/28

学期詳細(日本語)

台南の語学センター

 成功大学

台南駅のすぐ裏という好立地。広々とした環境の中で勉強することができる。

近所には飲食店が立ち並び、台南中心地へのアクセスもいい。

語学留学生でも寮に住むことができる。成功大学の寮は全部で4箇所。家賃はそれぞれ異なる。二人部屋で3,400元、一人部屋で6,000元前後。

公式ホームページ(中国語・英語)

期間および費用

成功大学は季節によって期間と学費が異なる。

授業・期間 時間 学費
2018年春季クラス(6〜12人)

3月19日 〜 6月8日

週15時間 3ヶ月で31,100元
2018年夏季クラス(6〜12人)

6月25日 〜 8月31日

週15時間 3ヶ月で28,300元
2018年秋季クラス(6〜12人)

9月17日 〜 11月30日

週15時間 3ヶ月で31,100元
2018年冬季クラス(6〜12人)

12月17日 〜 3月1日

週15時間 3ヶ月で28,300元

※マンツーマン授業は春、秋が15週で56,000元。夏、冬が15週で51,000元。

※夏季集中コースもある(中国語:暑期密集班)。夏のあいだ1ヶ月間、1.5倍のスピードで授業を行う。

高雄の語学センター

中山大学

海と山に囲まれた自然の多いキャンパス。

高雄市中心部からはMRTで12分。最寄り駅(西子湾駅)からも徒歩7分という好立地だ。

語学留学生でも入寮可能。基本的には二人部屋で、家賃は3ヶ月12,000元。

学生数は全部で120名程度。わりと小規模。

公式ホームページ(日本語)

費用

授業 時間 学費
レギュラークラス(5〜10人) 週15時間 3ヶ月で29,700元
個人レッスン 1回2時間、毎週最低2時間以上 650元
2人レッスン(学生2、先生1) 1回2時間、毎週最低4時間以上 一人360元

※中山大学の料金体系はやや複雑。台湾国内からの申し込みと海外からの申し込みで学費が変わる。詳細は以下のリンクを参照。

費用詳細

期間

学期 期間
2018年春季クラス 2018/03/05 〜 2018/05/25
2018年夏季クラス 2018/06/06 〜 2018/08/22
2018年秋季クラス 2018/09/05 〜 2018/11/23
2018年冬季クラス 2018/12/03 〜 2019/02/26

7/2から8/10の6週間、夏季集中コースも行われている。(週25時間)

学期詳細

その他

以下はわたしが中山大学に通った経験を書いた記事です。

中山大学のリアルな雰囲気が伝わるよう書きました。参考にしてみてください。

台湾の中山大学の中国語センターってどうなの?雰囲気、申し込み方、授業の内容など

 高雄師範大学

高雄の市街地に位置している。周辺環境は便利で、高雄市内の各所へのアクセスも抜群。

大規模な教育大学だが中国語センターは小規模。

語学留学生も寮に住むことができる。家賃は4人部屋で3ヶ月4,000〜6,000元、2人部屋で3ヶ月5,140元、1人部屋で3ヶ月7,106元。

公式ホームページ(中国語・英語)

期間および費用

授業・期間 時間 学費
2018年春季クラス

2月26日 〜 5月18日

週15時間 3ヶ月で25,700元
2018年夏季クラス

5月28日 〜 8月17日

週15時間 3ヶ月で27,050元
2018年秋季クラス

8月27日 〜 11月23日

週15時間 3ヶ月で26,660元
2018年冬季クラス

12月3日 〜 2019年2月22日

(暫定)

週15時間 3ヶ月で24,800元

※個別レッスンは10時間で6,500元、20時間で10,500元。

※最初の学期は上記料金だが、次学期も継続する場合は安くなる。詳しくは以下のリンクを参照。

費用詳細

 文藻外語大学

高雄駅からやや外れた場所にある。外国語大学付属の語学センター。

近所には百貨店や夜市があり、かなり賑やかなエリア。

語学留学生でも寮の利用は可能。家賃は4人部屋で3ヶ月13,000元。(4人部屋のみ)

外国語大学なので日本語学科もある。本科生の学生と交流することも可能。

公式ホームページ

費用

授業 時間 学費
レギュラークラス 週15時間 3ヶ月で28,050元
個人レッスン 週15時間 時間や回数など自分で選ぶことができる。時間によっては1回520元から670元と幅がある。

費用詳細

期間

学期 期間
2018年春季クラス 2018/03/12 〜 2018/06/01
2018年夏季クラス 2018/06/11 〜 2018/08/24
2018年秋季クラス 2018/09/10 〜 2018/11/23
2018年冬季クラス 2018/12/03 〜 2019/02/22

学期詳細

その他の中国語センター

上記で紹介した以外にも、台北であれば国語日報やTLI、輔仁大学に台北教育大学などがあります。

また桃園や嘉義など地方都市にも中国語センターは存在します。言ってしまえばどこでも中国語を勉強することが可能です。

ネット上にあるのは都市部の情報ばかりですが、日本人が少ない地方で中国語をがっつり勉強するのも悪くないでしょう。

地方の方が家賃も物価も安いしね。純粋に語学だけやるなら地方にもメリットはある!

スポンサーリンク

入学申請の流れ

ここでは申込者が一番多い台湾師範大学を例に、入学申請の流れを説明します。

語学学校への申し込みの流れはどこもだいたい同じです。他の語学学校に申し込む場合も以下を参考にできます。

しかし学校によっては申請方法に細かい違いがあります。各学校のホームページをしっかり確認しましょう。

なお、語学学校からの返信が遅かったり、ビザの申請に時間がかかる可能性も大いにあります。

ですのでスケジュールはゆとりをもたせましょう。できれば入学予定日の4〜3ヶ月前から申請手続きを始めるといいかも。不都合があっても余裕をもって対処できます。

※以下、台湾師範大学の入学手続を参照しました。

 ①入学申請

台湾師範大学ではオンライン申請書類申請を選ぶことができます。(語学学校によってはどちらか一つの場合もある。)

その際、同時に以下の書類の提出もしなければなりません。

・入学申請書
・高校もしくは高校同等以上の学歴を証明できる文書のコピー
・パスポートのコピー
・残高証明 

語学学校が上記の書類を受け取ったら、入学許可証(ビザ申請時に使います)が送付されます。

矢印

 ②学費の納付

入学許可証が送付されてきたら、台湾師範大学はオンライン納付システムから学費を納付します。

ただ、学校によってはオンライン納付システムがありません。銀行に行って学校指定の銀行口座に海外送金をする必要があります。

矢印

 ③入学登録

入学許可証に記載された登録日に学校に行き、入学登録手続をします。

ビザの手続き

台湾は90日以内であればビザなしでも滞在できます。

ですので、90日以内の短期留学を予定している場合はビザの申請をする必要はありません。

しかし、90日を超える留学をする場合は、台北駐日経済文化代表処(大使館)に行ってビザの申請を行う必要があります。

台北駐日経済文化代表処は東京、横浜、大阪、福岡、那覇、札幌にしかないので注意してください。(わたしは名古屋在住なのでわざわざ東京まで行きました。)

ビザの申請には語学学校の入学許可証が必要です。順番的には語学学校の入学申請が先です。

台北駐日経済文化代表処に提出するものは以下の通りです。

・パスポート(残存期限が6ケ月以上のもの)

・ビザ申請書(※註)

・写真2枚(4cm×5cm、申請日前6ケ月以内に撮ったもの)

・帰国用の航空(乗船)券或は次の目的地への航空(乗船)券

・査証手数料(台北駐日経済文化代表処で払う)

・入学許可書(語学学校から送付されたもの)

・銀行残高証明

※註 ビザ申請書に関して

ビザ申請書はあらかじめネット上で登録をしておく必要があります。

ビザ申請webサイトにアクセスし、必要事項を記入したら最後に【送出】をクリックし、プリントアウトした後に署名欄に本人がサインして台北駐日経済文化代表処に持っていかなければなりません。

最後に

語学上達のコツは、正確に発音と文法を理解し、回数をこなすことです。

膨大な時間を要するので、継続的に努力できるモチベーションが一番大切です。

だから極論、「中国語が上手になりたい」という意志さえあればどこの語学学校でも問題ないです。

でも、やっぱり自分に合った環境はあります。だから中国語センターの規模や雰囲気、場所などを調べて、どこで勉強しようかじっくり考えたいものです。

最後に、台湾留学に関して何か質問がございましたらいつでも「お問い合わせ」よりご連絡ください。

参考記事:かゆいところに手が届くゴダの中国語文法

参考記事:台湾移住オススメ記事まとめ(留学、現地就職、恋愛・結婚、ロングステイ)

参考記事:台湾旅行する前に読んでほしいオススメ記事まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー