シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンマーク留学を終えて思うこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月から12月の間、デンマークのIPC(International People’s College)という学校に在籍していました。

今回はこの学校とデンマーク生活について、留学を終えた今思うことを書いていきます。

スポンサーリンク

英語力について

デンマーク留学の目的の一つは、英語です。

ですので、最初から英語が上手ではないのは当然なのですが、それでももう少し英会話を勉強してから行けばよかったと後悔しています。

というのも、やっぱり留学で得たものが英語力だけというのも悲しいので、できればパーティとか交流会のような場所で現地の人とたくさん交流したり、興味のある現地企業に訪問したり、色々するべきだと思うんですよ。

でも外国語力がないと、そういう気がそもそも起きないんですよね。

交流したり訪問する前に、「自分の英語力が足りなくて全然会話が続かなかったらどうしよう?」とか考えちゃって、日本ならかなり強引にいける場面でも、海外だと強引にいけないことがよくあります。

これってかなり機会損失だと思うので、できれば留学に来る前に、もっと英会話をやっておけばよかったなと後悔しています。

学校(IPC)について

この学校に在籍していた生徒の半分以上が18歳くらいの若い欧米人でした。

ヨーロッパでは、高校を卒業して大学に入る前に、しばらく海外旅行をしたり、留学をしたり、ボランティアをしたりして見聞を広めるのが一般的であり、IPCにいた欧米系学生もほとんどがそういう身分で来ていました。

人種が違うと仲良くなるのに時間がかかりますが、それに加えて年齢の壁もあり(私は当時30歳だった)、学校内でのコミュニケーションにはかなり困りました。

「そんなの気にせずにもっとオープンに接すればいいじゃん!」という意見も聞こえてきそうですが、実際に18歳の若い欧米人たちが群れている中に入っていくのは相当難しいですよ。

日本人でさえ、キャピキャピした高校出たての18歳くらいの人たちの中に入っていくのは難しいです。

ましてや、IPCでは英語でそこに入っていかなきゃいけないし、人種も話題も行動様式も何もかもが違うんです。

会話できても、表面的な会話しかできなかったり、だんだん話すことがなくなってきてお互い消耗します。

私のコミュ力が低かったと言うとそこまでかもしれませんが、学内でのコミュニケーションは本当に大変でした。

みんないい人たちばかりだったんですけどね。

デンマークに対する印象

留学を終えて、デンマークについていろいろ分かったことがあります。

今の私のデンマークに対する印象は「スタイリッシュな建築、美しい森林、現状に満足した国民」です。

スタイリッシュな建築

公立図書館

コペンハーゲン大学の学生宿舎

波型の謎の建築

まず、デンマークといえば建築やインテリアが有名で、実際にそのどれもがスタイリッシュでかなりオシャレです。

私がデンマークであった日本人やその他の外国人も、建築業界の人とか、インテリアを勉強している人とか、アート系の人が多かったような気がします。

とにかく、街を何気なく歩いていてもものすごい建築がバンバン立っていますし、有名な家具のメーカーがたくさんあったり、そういうのに興味がある人には本当にオススメです。

美しい森林

デンマークは人口570万人程度で、人が少なく、自然の多い国です。

コペンハーゲンは都会ですが、ちょっと郊外に行くと森林が広がり、その風景はまさに北欧!

特に夏は最高で、日中の気温は26度前後、木々は青々としていて、とても美しい田舎ライフが待っています。

現状に満足した国民

デンマークは世界一国民の幸福度が高い国として有名です。

最初はそれがどういう意味なのか疑問でしたが、デンマークに住んでみてその意味が分かりました。

まず、デンマークは累進課税が進んでいるのでお金持ちになってもその分税金を多く取られ、その税金は貧困者のために使われます。

人は他人と比較して自分が劣っている時に不幸を感じる生き物ですが、デンマークでは格差が少ないので、他人と比較して不幸を感じることもあまりありません。

そして、子どもの学費も、家族の医療費も政府から支払われるので、普段の生活で金銭的な心配をすることはあまりありません。

まあ、デンマークの医療はそこまでレベルが高いものではなかったのですが。

でも、安心して生活できる国だということは確かですし、実際にデンマーク人はこんな生活に満足してるんですよね。

まさに、仏教の「足るを知る」状態です。

デンマーク生活について

デンマークのお店は午後4時くらいに閉まるところが多いので、そういう点で不便を感じることは多いです。

また、物価も日本の二倍くらいでバカ高いので、買い物の帰りに食事がしたい時でも、気軽に店にはいれません。

(価格を見ずに店に入っちゃうと、日本なら1300円くらいの普通のステーキセットが一人4000円くらいすることもある。)

このように、外出時には不便に感じることが多かったです。

なお、私はデンマークでは寮生活でしたので、家探しについては詳しくないです。

ただ、ワーホリでデンマークに来て家探しをしていた友達によると、全然学生向けの部屋がないそうです。

というのも、デンマークはここ数年で海外からの留学生が増えたため、学生が住むタイプの部屋の数が足りず、みんな全然見つけられないでいるとのことです。

ですので、デンマーク留学をする際は、寮がある学校を選ぶといいでしょう。(フォルケホイスコーレはほとんど寮生活です。)

最後に

結論、デンマークに行って本当に良かったです。

何もかもが日本と違うので、刺激になるし、勉強になります。

こういう日本と全然違う国を知った上で、日本という国を改めて見つめ直してみると、客観的に物事を考えられるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする