シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアのSNS「VK」とは?使い方のポイントを詳しく解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアSNS「vk」のトップページ

ロシアSNS「vk」のトップページ

今回はロシアのSNS「VK」についてご紹介します。

VKとは、簡単にいうとロシア版フェイスブックのことです。

VK(ヴェーカーまたは英語流にヴィーケイ、ロシア語: ВК)はVKontakte(日本語表記:フ コンタクテ、ロシア語: ВКонтакте フカンタークティエ、連絡中の意味)の略で、ロシアでOdnoklassnikiと共に首位を争うソーシャル・ネットワーキング・サービスであり、ウクライナやベラルーシからの登録者も多いです。

Wikipedia

また、ロシア語以外にも各言語に対応しているので、最近ではロシア語圏以外の登録者数も増えています。

ロシア語圏以外の人がVKに登録する理由は、ロシア語を勉強したかったり、ロシア語圏の友達がほしいというものが主です。

ここでは、VK利用時に知っておきたいポイントについてまとめてみました。

みなさんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ポイント① 登録の流れと注意点

アクセスと言語の切り替え

まず、以下のURLからVKにアクセスします。

https://vk.com/feed

初期設定の言語は英語になっていますので、日本語に直したい場合は、画面右下で切り替えることができます

vkの言語切り替え

vkの言語切り替え

また、登録後は右上の自分のアイコンから「設定」をクリックし、言語を切り替えることも可能です。

電話番号の入力

次に、「新規登録」か「Facebookでの登録」かを選びます。

「新規登録」を選んだ場合は、国際電話番号を登録する必要があります。(ガラケーOK)

国際電話番号の入力の仕方は以下の通りです。

国番号 + 先頭のゼロを抜いた電話番号

(例)日本(国際番号81)の携帯電話090–1234–5678を登録する場合 → 819012345678 と入力

登録後、入力した番号に電話がかかってきて、4桁のコードを教えてもらいます。

そして、そのコードをサイトに入力すれば登録完了です。

「Facebookでの登録」を選んだ場合は、電話番号の入力は必要ありません。

ポイント② プロフィール欄を充実させる

顔写真

これは海外SNSの基本ですが、顔出しをすることで相手に安心感を与え、連絡が取りやすくなります。

なので、外国人の友達がほしくて顔出しに抵抗がない場合は、自分の顔写真を貼った方がいいでしょう。

言語

VKはロシア語圏のSNSなのでロシア語ができた方がコミュニケーションがとりやすいです。

ですが、若い人で英語ができる人は多いですし、日本関連コミュニティには日本語ができる人もいるので、ロシア語が絶対に必要というわけでもありません。

宗教、信条、兵役

さすが海外。VKには「宗教、信条、兵役」というような項目もあります。

日本人ならこれらの項目をどう入力しようか考えてしまいますが、入力必須項目ではないのでご心配なく。

ポイント③ プライバシー設定を変える

右上の自分のアイコンをクリックし、「設定」をクリックすることで、プライバシー設定を変えることができます。

気になる人はいじってみてください。

ポイント④ VKをアプリで楽しむ

Facebookなどその他のSNSと同じく、VKにもアプリはあります。

ダウンロードはこちらから。

Apple版

Android版

ポイント⑤ コミュニティに参加して友達をつくる

「グループ」をクリックして、コミュニティを検索することができます。

ロシア語ができなくても友達ができそうなコミュニティは、「日本語」コミュニティなど、日本に関するものです。

以下がそのコミュニティの一部例です。他にも日本に関するものはたくさんありますので、色々探してみてください。

「日本語」コミュニティ

「私は ♥ 日本」コミュニティ

VKを使ってみた感想

私も数週間にわたりvkを使ってみました。

まず、コミュニティに自らスレを立てることができないので(やり方知ってる人は教えてください><)、そこは不便だなと思いました。

こういうSNSでいきなり個人にダイレクトメール送るのは変ですし、やはり最初は興味のあるコミニティにスレを立てて、他のユーザーと交流をはかるのが順序ってやつだと思うんですよ。

でも、いろいろいじってみてもヘルプをみてみても、コミュニティにスレを立てる方法がわからなかったので、誰とも友達になれていないのが現状です。

でも既にあるコミュニティに書き込むことはできるので、そうやって交流を図ることはできます。(私も英語でロシア人と何回かやりとりをしました)

他、しばらくロムってて気づいたのですが、vkでロシア人の友達ができている人はやはりロシア語ができる人が多かったりします。

もちろん英語でもいいのでしょうけど、ロシア語ができた方がより多くの人とやりとりできるので、友達ができやすいのは当然といえば当然ですよね。

てなわけで今も引き続きvkの使い方を研究しています。

何か新しいことが分かったらこの記事に追加していきたいと思います。

まとめ

・「VK」はロシア語圏版Facebookのこと。

・ロシア人だけでなく、ベラルーシ人やウクライナ人も利用している。

・ロシア語学習者やロシア語圏の友達がほしい人にオススメです。

・ロシア語ができなくても、英語ができるユーザーは多いです。また、日本関連のコミュニティには、日本語でコミュニケーションが取れるユーザーもいるかもしれません。

ロシア人の異性と知り合うならpairsもオススメ

pairsといえば日本で急成長中の恋活サイトですが、国籍で条件をしぼって外国人を検索することもできます。

そしてなんと、pairsにはロシア人やウクライナ人の登録者もいるんです。

というかロシア人やウクライナ人に限らず、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス・フランス・ドイツ・スペインなどのその他の欧米からの登録者もいます。

外国人の登録者数は1万人を越えると言われています。

なお、pairsは日系企業で、Facebookとの紐付けがあり(Facebookには一切情報は流れません)、Facebookでの友達が10人以上であることが参加条件となっているので、信頼性は高いといえます。

男性の登録は有料ですが(女性は無料)、日本語で外国人と出会える便利なサイトは他にあまりないので、興味のある人はこちらも利用してみてくださいね。

登録はこちらから→pairs

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする