シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島0円英語留学!学費と宿泊費が無料の秘密に迫る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


まさかこんな時代が来るとは夢にも思っていなかった。

あなたは、株式会社AHGSという会社が始めた新サービスに、セブ島0円留学というものがあるのをご存知だろうか?

私も最初聞いた時は耳を疑ったが、どうやら本当に学費と宿泊費が無料らしい。航空券や食費は自費だが、一番高い学費と宿泊費の部分が無料で、お金がない人でもすぐに留学ができる。

これまでは、学生なら自分でバイトしたり、親に工面してもらって留学費を準備していた。しかしこれからは、経済的に恵まれない人でも、いつでも気軽に留学できる時代になった。

時代の変化を感じずにはいられないサービスだ。

スポンサーリンク

なぜ0円で留学できるのか?

「0円留学」と聞くと胡散臭く感じられるが、それにはちゃんとした理由がある。

実はこの「0円留学」では、授業と並行して勉強の妨げにならない範囲でコールセンターの仕事をすることになる。つまり、労働力を提供し、その代わりに授業料と宿泊費が無料になっているというわけだ。

また、週のうち二日間は完全に休み。旅行に行っても、休んでてもOK。

なお、仕事の日は、午前中の4時間は授業に出て、午後の4時間は働くことになる。シフトは数種類あるようで、土日が休みの場合もあるし、平日が休みになる場合もある。何れにせよ、週に二日は休みがある。

授業の内容


オフィス(左)と、学校から徒歩5分にあるショッピングモール「アヤラセンター」(右)

「Grammar」「Reading」「Listening and speaking」「Writing」」の4つのカテゴリーごとに基礎レベルのLv.1から最高レベルのLv.5まで用意しています。一人ひとりのレベルに合わせて、最も適したカリキュラムを完全マンツーマンレッスンで指導いたします。

語学留学において一番英語が上達すると言われるマンツーマンでの指導。

宿泊場所


滞在場所となるホテル(右)と、付近のスーパーマーケット(左)

私共はセブにあるホテルと提携しており、そこに滞在して頂きます。
ドミトリーなどとは異なり、ホテルですので、当然ながら清潔な状態が保たれており、
セキュリティも万全です。
また歩いて5分ほどの距離にfoodaという現地でも人気の大型スーパーもあったり、
日本食屋さん等も近くにあるので、食事や日用品の購入にも困りません。

寮生活ではなく、ホテルでの生活となる。

「0円留学」のメリット・デメリット

「0円留学」のメリット

・貯金がなくてもすぐに留学できる。

・海外就業体験ができる。(日本語での就業)

・英語力の上達が見込めるマンツーマンでの指導。(授業内容もしっかりしている)

・ホテル生活で、安全・清潔。

「0円留学」のデメリット

・仕事中は時間が拘束されてしまう。

・食事は自分で用意する必要がある。

ざっと書き出してみても、デメリットの方が少ない。

食事は自分で用意する必要があるが、フィリピンの物価は日本の三分の一程度なので、そこまで負担にならないだろう。

「0円留学」に向いている人

①大学四年生など、もうあまり時間がない人

大学生活ももう終わりに差し掛かってしまい、留学がしたいけど貯金がないという人には最適な留学である。

②ただ漫然と英語の勉強だけをするのではなく、海外で働いた経験がほしい人

仕事内容はコールセンターのみだが就業体験にはなる。

将来的に海外と関係のある仕事がしてみたい人にとっては、良い体験になるに違いない。

③フィリピン及びセブ島が好きな人

中にはセブ島(またはフィリピンという国)に興味がある人もいるだろう。

「0円留学」は、セブでの留学も就業も経験することができる。

フィリピン社会及びセブ社会を理解する良い機会になるのではないだろうか。

「0円留学」まとめ

私が大学生の頃はフィリピン格安留学なんてものはなく、ましてや「0円留学」なんて信じられないような時代だった(10年前)。

当時の私は海外留学に憧れていたが、弟が私立大学に入学したこともあり、海外留学の夢を断念してしまった。

だから、もし私が今大学生だったならば、この「0円留学」に申し込んでいただろう。

時代は多様化し、様々なタイプの人、様々な事情をもった人に対応するサービスが続々と出てきている。

この「0円留学」も、間違いなく様々な事情をもった人に対応するサービスであるといえよう。

私たちは歴史上一番便利な世の中を生きているのであり、「できない」はだんだん言い訳と化していくのかもしれない。

何はともあれ、今は恵まれた時代なので、活用できるものは活用して、賢く生きて生きたいものである。

「0円留学」のサイトはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする