シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語とプログラミングを同時に勉強できる子ども向けスクール「D-SCHOOLオンライン」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これからの時代は英語とプログラミングスキルが必須」

このようなうたい文句の記載をいたるところで見かけるようになりました。

しかし、日本人相手に働いているぶんには英語は使わないし、ほとんどの職種ではプログラミングもしません。

でも、なんとなく必要性は感じるし、子どもたちが大人になる頃にはできたら有利だろうとなんとなく感じます。

実際、世界各国でプログラミング授業の必修科の流れがあり、欧米をはじめとした様々な国で英語学習も盛んになってきています。

また、日本も2020年から初等教育でのプログラミングの授業が必修となり、この流れは止まりそうにありません。

そこで今回は、英語とプログラミングが同時に学べる小中学生向けオンラインスクール「D-SCHOOLオンライン」をご紹介させていただきます。

D-SCHOOLオンラインは英語を使いながらゲームやコンテンツが作れるため、楽しく実践的な内容を学べます。

なお、14日間の無料お試し期間があり、一ヶ月の学費は3980円です。

スポンサーリンク

英語翻訳者兼プログラマーの開発者が運営するスクールだから信頼できる

池下裕次

大学卒業後、英語関連出版社にて、和英対訳映画シナリオ本の翻訳・編集を多数手掛ける。代表作として、「ハムナプトラ」「交渉人」「トレインスポッティング」など世界的ヒット作のシナリオ本も担当し、編集長としても活躍。
出版社時代に海外研修として米国大学院に留学、英語教授法 TESOL(英語を母国語としない人に英語を教える世界基準の資格)の修士号を取得。その後、塾講師として小学生から大学受験レベルまでの英語と数学を教え多くの子供たちの学びに貢献。現在は、英語だけでなくプログラマーとしてシステム開発も手掛ける。

英語関連資格:TOEIC 970点(990点満点) / MS in TESOL(修士)

「D-SCHOOLオンライン」の開発者は英語翻訳者でありプログラマーです。

英語とプログラムのプロにより運営されているので、信頼感は抜群です。

「D-SCHOOLオンライン」は、英語学習者とプログラム学習者の両方の立場から作られた教材です。

学習の流れ

①毎月届く新たなミッション

バトルにダンス、クイズゲームなど毎月異なるテーマのミッション(ゲーム)を完成していくことで、自分だけのロールプレイングゲームを作っていきます!

②楽しく学ぶ

毎月のミッションは、楽しみながら自然と思考力が身についていく内容ばかりです!英語学習もゲーム要素がいっぱいなので、楽しく進めていただけます!

③ロールプレイングゲーム完成

製作してきたゲームを使って、最終的に自分だけのオリジナルのロールプレイングゲームを完成させます!

↓こんな感じのゲームができるという流れ

大人が「D-SCHOOLオンライン」で勉強してもいいんじゃないか?

「D-SCHOOLオンライン」は子ども向けのスクールをうたっていますが、大人がやってもいいのではないでしょうか!?

私もブログを運営しているので、HTMLやCSSなどの簡単なプログラミングは勉強したことがあるのですが、プログラミングって暗号みたいなアルファベットの連続だし、プログラムを勉強し始めるのって本当にハードルが高いんですよね。

その点、「D-SCHOOLオンライン」はもともと子ども向けであり、ハードルの低さはお墨付きです。

超初心者の大人にこそオススメしたいプログラムスクールだと言えます。

2年継続したら、未来を変えられる

これは常々思うのですが、週末に家でずっとグータラせずに、週末の1〜2時間だけでも英語とプログラミングを勉強し、2年継続したら誰でも未来を変えられます。

また、仮に子どもが「D-SCHOOLオンライン」にハマり、毎日のようにゲームを作り始めたら、将来はIT関連会社のエリート社員になれるかもしれません。

今は時間とお金をかけて遠くの学校まで行かなくても、ネット上で安く素晴らしいサービスや教育が受けられる時代です。

嫌なら途中でやめてもいいし、本当に色々なことのハードルが低い世の中だと思います。

いい時代になったなぁ・・・。

というわけで「D-SCHOOLオンライン」をオススメさせていただきました。

申し込みはこちらから↓
D-SCHOOLオンライン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする