SNSでのシェアや保存はコチラ

【スペインの物価】マドリード・バルセロナの交通費、食費、宿泊費について

SNSでのシェアや保存はコチラ

スペイン二大都市の物価を徹底紹介!

スペイン二大都市の物価を徹底紹介!

今回は旅行でスペインを訪れる人のために、旅行客が多く訪れるマドリードとバルセロナの物価について書きます。

ちなみに、マドリードもバルセロナも物価に大きな差はないですが、ガウディの建築物(バルセロナ)の入場料に関しては、マドリードの入場料よりも高いと感じました。

また、全体的には日本の方がやや高く感じましたが、外食費はスペインの方が高く感じました。

では、具体的に私が購入したものを中心に、写真付きでスペインの物価を説明していきます。

※スペインの通貨はユーロ(€)です。
※2017年2月現在、1ユーロ=約122.4円

スポンサーリンク

スペインの物価:交通費

マドリードの交通費

・マドリードの地下鉄の価格

マドリードはスペインの首都であり大都市です。地下鉄が発達しており、1〜12号線とR号線の計13線が通っています。空港まで行くこともできます。

路線図(マドリード地下鉄公式サイトに飛びます)

切符の種類は以下の通りです。

①1回券(Sencillo)1.5~2ユーロ
※5駅目までは1.5ユーロで、それ以降は1駅ごとに0.1ユーロが加算され、2ユーロ以上にはなりません。

②10回券(10viajes)12.2ユーロ
※地下鉄と市バスに10回乗車できます。駅数の制限はありません。複数人で使い回しできます。

③乗り放題パス(TOURIST CARD):1日券 8.4ユーロ、2日券 14.2ユーロ、3日券 18.4ユーロ、5日券 26.8ユーロ、7日券 35.4ユーロ
※1日に5回以上地下鉄を利用するのであれば元が取れます。

・マドリードのタクシーの価格

マドリードのタクシーは日本より安いです。

初乗り料金は、平日の21時までであれば2.4ユーロ、それ以外の時間は2.9ユーロです。

その後1kmごとに、平日の21時までであれば1.05ユーロ、それ以外の時間は1.2ユーロが加算されます。

・マドリードの交通費まとめ

郊外に行く計画があったり、たくさん移動するのであれば、10回券を買うことをオススメします。(1日に5回以上乗る場合は乗り放題パス)

ただし、マドリードの中心部には観光地が凝縮しているため、疲れていなければ徒歩のみで主要観光地を見て回ることもできます。

私はマヨール広場、王宮、プラド美術館、プエルタ・デル・ソル、サン・ミゲル市場などごく少数の有名観光地に絞って徒歩で回りました。

結果、徒歩でも二日間で十分見て回ることができました。

バルセロナの交通費

・バルセロナの地下鉄の価格

バルセロナの地下鉄には全部で9路線あります。

切符は数種類あるのですが、観光客に絶対おすすめなのが「T−10」と呼ばれる10回分の回数券です。

「T−10」(ゾーン1)の料金は9.95ユーロです。1回券が2.15ユーロなので、「T−10」の方が圧倒的にお得です。

また、バルセロナには1日パス(8.4ユーロ)もありますが、使用期限は24時間と限られています。その点、「T−10」には時間制限がないので、使い勝手がいいです。

※サグラダファミリアやカサ・ミラ、グエル公園、カンプノウスタジアムなどの有名観光地は全てゾーン1内にあります。

※「T−10」はバス、トラム(路面バス)、RENFE(スペイン国鉄)にも使えます。

・バルセロナのタクシーの価格

バルセロナのタクシーは日本より安いです。

初乗り代は2.10~2.30ユーロで、1kmにつき1.07~1.40ユーロが加算されていきます。

空港から市内まではおおよそ35〜40ユーロです。

※もちろん、夜間は追加料金があります。

・バルセロナの交通費まとめ

サグラダファミリア、グエル公園、旧市街などの観光地は全てゾーン1内に位置しますが、それぞれ距離があります。

歩いて移動するのはほぼ不可能に近いので、素直に「T−10」を買って移動することをオススメします。

スペインの物価:食費

マドリードの食費

マドリード名物チュロス

マドリード名物チュロス 3.9ユーロ

チュロスの有名店Chocolateria de San Gines Restaurantでチュロス(ホットチョコレート付き)をオーダーしました。

食べ方はシンプルで、チュロスをホットチョコレートにつけるだけ。

量が多いので、複数人でシェアするとちょうどいいです。

エスプレッソ 1.9ユーロ

エスプレッソ 1.9ユーロ

何気ないその辺のカフェで毎朝エスプレッソを飲んでいました。

何気ないカフェだし、値段も1.9ユーロと安いはずなのに、店の中の様子がなぜか絵になってしまうんです。

おそるべし、欧州のカフェ!笑

マドリード名物のイカフライサンド

マドリード名物のイカフライサンド 6〜9ユーロ

スペインの街中ではパエリアとかタパスばかり食べていてなかなか買えなかったイカフライサンドだけど、最後の最後にマドリードの空港で食べることができました。

空港だと9ユーロとかなり高い値段でしたが、街中では6ユーロくらいとかなり安かったです。

これはスペインに限らず西洋の国ならどこでもそうですが、食べ物一個一個の量がとにかく多いんですよね。

イカフライサンドも例外ではなく、サイズが本当にすっごい大きくて、一個食べれば大人一人がお腹いっぱいになってしまうんです。

だからどのタイミングで食べるかはちゃんと考えないといけません。

そうでなければ、晩御飯が食べられなくなってしまいます(笑)

ハムの博物館でサンドイッチとビールをオーダー

ハムの博物館でサンドイッチとビールをオーダー

ハムの博物館にて。

生ハムサンドイッチは1ユーロ、生ビールは0.9ユーロとかなり格安でした。

なぜこんなにも安いのか?

その理由はよく分からないのですが、生ハムは安っぽい味ではなく本格的で、ビールもちゃんとスペインのビールでしたのでかなり満足です。

食事時には必ずに満席になってしまうので、本当にいいお店なのでしょう。

私は大好きです!

また、マドリードにはハムの博物館の支店がいくつかあるので、以下のリンクから飛んで近いところにある支店に行ってみてみましょう。

ハムの博物館

ケーキ屋さんのケーキ

ケーキ屋さんのケーキ 各種3.5ユーロ前後

マドリードのいたるところにスイーツの店があり、そのどれもが美味しそうです。

また値段もそこまで高くなく、日本の高級でないケーキ屋さんと同じくらいかちょっと安いといったとこです。

サン・ミゲル市場内のバルで飲む!

サン・ミゲル市場内のバルで飲む!

サン・ミゲル市場内のバルでつまみを食べながら酒を飲みました。

つまみ一品 4ユーロ前後

カクテル一杯 5ユーロ前後

私は市場の中にあるカウンター席のあるバーで食事をしたのですが、ここで信じられないような出来事が起きました。

食事を終えて会計をしようとしたら、なんと店員さんがお会計を全部タダにしてくれたのです。

これは、知り合いでもない限り日本ではありえないことなので、私も正直ものすごくびっくりしてしまいましたよ。

値段も合計で32ユーロくらいだったので、安くはないですし、なんなんだこれはと言った感じで驚いてしまいました。

でも、後からスペイン滞在経験のある友達に聞いたところ、店で奢られるのは時々あることのようですね。

この感覚は日本人としてはちょっと理解できないですが、スペイン人は機嫌がいいと人にすぐ奢っちゃうみたいです。

細かいことを気にしすぎない素敵な国民性ですよね。

皆さんも素敵なスペイン人に出会えるといいですね!笑

バルセロナの食費

サンジョセップ市場(ボケリア)のフルーツジュース

サンジョセップ市場(ボケリア)のフルーツジュース 1ユーロ

サンジョセップ市場では、とっても新鮮なフルーツジュースが一杯1ユーロで飲めちゃいます!

というか市場内の物価はやや安かったです!

これは全ての人にオススメしたいジュースです!!

サンジョセップ市場内のパン

サンジョセップ市場内のパン 各2.5ユーロ

スペインには他のヨーロッパの国々では見ないようなパンがたくさんあるので、ぜひトライしてみましょう。

旧市街近くのおしゃれなピンチョス店にて

旧市街近くのおしゃれなピンチョス店にて

「ピンチョス」とは、輪切りにしたパンの上に魚やつまみなどの異なる種類の具材をのせて食べるおつまみのことです。

発想としては日本の寿司に似ているかもしれません。

お酒との相性は抜群です!

ビール(小) 3.5ユーロ
サングリア  4ユーロ
ピンチョス  一つ2ユーロ

パエリア

パエリア(大)

パエリア(小) 7〜10ユーロ(一人で食べるサイズ)
パエリア(大) 12〜20ユーロ(二人で食べるサイズ)

パエリアにもいろんな種類がありますが、中でも海鮮パエリアは高いです。

海鮮パエリア大を一つたのんで、他にもおつまみやお酒をちょっとたのんだら、簡単に一人2500円くらいいっちゃいます。

スペインの物価は全体的に日本と同じくらいですが、外食費に関してはスペインの方がやや高いのかもしれません。

二都市共通のモノの価格

スーパーの水500ml   約0.5ユーロ
駅などの売店の水500ml 約1ユーロ

スペインの物価:宿泊費

もちろんホテルの金額はランクにもよるので一概には言えませんが、全体的に日本の都市部と変わらない印象です。

ここでは、私がマドリードとバルセロナで宿泊した場所をご紹介します。

マドリードで私が泊まったホテル

マドリードの宿・ヴェリティセー ルームズ(Vértice Roomspace)

マドリードの宿・ヴェリティセー ルームズ(Vértice Roomspace)

マドリード市街地のホテルは高すぎます。

ですので、電車で10分程度で中心地まで行けるホテルを探していたところ、このホテルが引っかかりました。

ちなみに、booking.comというサイトで検索をかけていました。

確かに、マドリード観光をするために毎朝電車に乗らなくてはなりませんが、二人で一泊40ユーロ程度で、簡易キッチン、食器(鍋含む)、冷蔵庫などが完備されていました。

また、ジムやレストランも併設されており、フリーワイファイもとても早かったです。

そして何より嬉しかったのが、その清潔さです。築3年くらいの綺麗なアパートに住んでいる気分でした。

バルセロナで私が泊まったホステル

アルベルグイン ユース ホステル

バルセロナの宿・アルベルグイン ユース ホステル

バルセロナの宿・アルベルグイン ユース ホステル

バルセロナでは節約のためにドミトリーに泊まりました。

バルセロナ・サンツ駅という主要駅まで徒歩圏内だったので、場所はいいです。

一人一泊2000〜3000円程度です。

清潔で、無料の朝食が付いていました。

フリーワイファイも早かったです。

最低金額保障のエクスペディアで予約する
アルベルグイン ユース ホステル

スペインの物価:入場料

マドリードの入場料

王宮は11ユーロですが、閉館時間の二時間前には無料で入れるそうです。

プラド美術館は月曜日から土曜日までの18時から20時まで、日曜日の17時から19時までが無料です。

また、他の美術館にも同じような無料タイムが存在するようなので、気になる人は旅行ガイドブックなどを読んで無料になる時間を調べてみてください。当ブログでは省略させていただきます。

バルセロナの入場料

サグラダファミリアを始めとするガウディ建築の入場料は18ユーロほどします。

私はガウディは天才だと思っているので、18ユーロは安く感じました。

入場料18ユーロは高すぎるので外観だけ見て帰ろうと考えている人は思い直した方がいいです。

私も最初はサグラダファミリアに期待していませんでした。

「遠くまで来たし一応入っておくか」ぐらいの気持ちで入ったのですが、いい意味で予想が裏切られてしまったのです!

サグラダファミリアを見学することで、天才の脳の中がどうなっているのか、少しわかるような気がします。

そして、それがすごく神秘的な体験だったのを覚えています。

本当に騙されたと思って、一度入ってみることをオススメします。

スペインの物価に対する感想

結論、スペインの物価は全体的に日本と同じかやや安いくらいですが、外食費はやや高いかなといったところでした。

ただ、タクシーや水、ハムやチーズやパンなど消費量の多いものに関しては、日本よりかなり安かったです。

やはりどの国に行っても消費量が多いものは供給量も多いので、値段は安くなるのだと思いました。

なお、スペイン人の平均給与額は日本人の3分の2くらいですが、物価はそこまで変わらないので、現地人の生活はそこまで楽じゃないのかもしれません。

スペインの物価まとめ

・全体的な物価は日本とあまり変わらないかもしれません。

・マドリードで移動が多いなら10回券を買おう。中心部の主要観光地だけなら徒歩でも回れます。

・バルセロナは各観光地が離れているので、T−10(ゾーン1のもの)という10回券を買うことをオススメします。

・外食費は全体的に日本より高いです。適当なレストランでパエリアとサイドメニューと飲み物をたのんだら、一人15ユーロくらいは簡単にいきます。

・マドリードもバルセロナも中心部のホテル代は高いです。郊外に宿をとり、10回券を使って中心部に行くようにすれば、旅費を安く済ませることができます。

・スペインの観光地の入場料は高いです。でも私はガウディは天才だと思っているので、サグラダファミリアの入場料18ユーロは安く感じました。

・スペイン旅行に持っていきたいオススメのガイドブックはこちら↓

最大10,000円引きのクーポンを使ってスペイン旅行をしてみませんか?

じゃらん海外が取り扱っているスペインのホテル

じゃらん海外が取り扱っているスペインのホテル

現在じゃらん海外で、海外のホテル代金が最大で10,000円引きになるクーポンを無料配布しています。

これは今あるホテル予約系のサイトの中でも一番お得なクーポンとなっています

じゃらん海外経由でホテル予約をする方法は以下の記事にまとめましたので参考にしてください。

【じゃらん】海外ホテル最大一万円OFFクーポンの取得方法を解説



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー