シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニートになりたい人が人一倍努力しなきゃいけないたった一つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニートになりたい人がどう生きていこうか真剣に考えてる図

ニートになりたい人

サラリーマンをやっていると、いっその事何もかも捨てて、ニートになってしまいたい瞬間ってありますよね。私も過去にサラリーマンをやっていましたので、ふとニートになりたくなる気持ちは分かります。

しかし、冗談でニートになりたいと言うことはあっても、本当にニートになることはできません。親はいつか死にますので、そうなったらニートも死にます。

よって、永遠にニートにはなることはできません。親が大富豪でもない限り、収入がないと人は生きていけないので、ちょっと考えればずっとニートをしていくのは無理だと言うことに気づきます。

参考記事
ニート脱出できないニートは親が死んだら人生終わる

スポンサーリンク

“ニートになりたい”んじゃなくて、“サラリーマンをしたくない”のでは?

もしかしたらそれは、“ニートになりたい”んじゃなくて、“サラリーマンをしたくない”の間違いかもしれません。

時間を縛られたくない
ずっと同じ場所に縛られたくない
自分が決めたことを自分のペースでやりたい
煩わしい人間関係から解放されたい
etc…

もし、こういう思いのもと“ニートになりたい”と言っているのなら、もう一歩踏み込んで考えることをオススメします。

あなたは本当にニートになりたいのでしょうか?

ニートって朝から晩までアニメや映画を見てるだけで、そんな生活一週間で飽きませんか?

もし、仕事の内容や仕事時間や一緒に働く人を自分で決めることができるのなら、そんな職場で働きたいと思いませんか?

そう、実は、あなたは理想の仕事環境さえ見つけることができれば、仕事に精を出したいと思っているのかもしれません。

サラリーマン以外で生きていく

今は昔に比べるとマシな時代かもしれない。

ネットビジネスやせどりなど様々な稼ぎ方があるし、起業するのにも資本金はほとんどかからない時代だからです。

もちろんそのどれもが難易度が高く、サラリーマンとして生きていく方が楽かもしれません。

それでも一度「自分はサラリーマンに向いていないのかも」と感じてしまった人は、安易にニートになりたいという考えに走らずに、「サラリーマン以外にできることはないか?」と視野を広げてみることが重要です。

もし1%でも生き延びる方法があるなら、それにかけてみたいと思いませんか?

わたしだったら、自分が生きていく道がないと感じながら生きていくのは辛すぎるので、可能性が少しでもあるのならば怖くても可能性がある方に飛び込む。

その方法がネットビジネスやせどり、資本金のかからない起業なのです。

サラリーマンやりたくないなら人一倍努力しろ!

実はわたしもサラリーマンをやりたくない人間の一人です。

だからといってニートになるとすぐに貯金がなくなるし、ニートになんかなれない。

だからわたしみたいな人間は、ネットビジネスやせどりをやるか、または起業をして食って行かなければならない。

しかし上にも書いた通りサラリーマン以外の道はいばらの道で、難易度は相当高いと言える。

だからそういう人間は人一倍努力しなければいけない。

努力できないならサラリーマンをやれ!

サラリーマンができないなら努力をしろ!

そういうことなんだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする