シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大麻(マリファナ)合法の無法地帯「クリスチャニア」に行ってきたので詳細をまとめる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

chr1

2016年の夏から冬にかけて5か月半ほど、デンマークの首都・コペンハーゲン付近に住んでいました。

デンマークは町並みやインテリアが本当に美しい国で、見どころが満載です。

有名な観光地で言うと、チボリ公園、ストロイエ、ニューハウンなどがあるのですが、中でも異彩を放っているのが「クリスチャニア」という場所です。

スポンサーリンク

クリスチャニアとは?

クリスチャニア (デンマーク語: Christiania) は、デンマークの首都コペンハーゲンにある、850人の住人と34ヘクタールの土地をもつ地区である。自治を自称する。1971年に軍の所有地に建国されて以来、たびたび論争の中心となってきた。この地区内では、2004年まで大麻が合法であった。

参考:Wikipedia「クリスチャニア」

Wikipediaにあるように、クリスチャニアはデンマークから独立した自治区であり、無法地帯です。今でも850人ほどの住民がいます。

クリスチャニア内では大麻(マリファナ)が売られており、昼夜問わず大麻を求めてやってくる人や観光客でいっぱいです。

「大麻」と聞くと日本人はびっくりしちゃいますが、クリスチャニア内の治安は非常によく、町中のいたるところで暴力やハードドラッグを禁止する注意書きを目にします。

なお、大麻はソフトドラッグに分類され、依存性がなく、多量摂取により死ぬこともありません。よって欧米では、大麻は安全なドラッグということで、表向きには違法でも簡単に手に入れることができる国が多いです。

そこで今回は、実際にクリスチャニアに行ったことがある私が、クリスチャニアについて紹介いたします。

hippie-26

▲ヒッピー風の人々が自分のペースで生きている場所。それがクリスチャニアです。

クリスチャニアの所在地

グーグルマップで「クリスチャニア」と入力すると正確な所在地が表示されます。

クリスチャニアはコペンハーゲンのほぼ中心に位置しているため、だれでも簡単に立ち寄ることができます。

クリスチャニアへの行き方

クリスチャニアへの行き方はいくつかありますが、ここではメトロの駅「Christianshavn」から行く方法を記載します。

ちなみに、コペンハーゲンのメトロには2つの路線がありますが、「Christianshavn」へはどちらに乗っても行くことができます。

また、「Christianshavn」には出口が一つしかなく、駅を出ると運河があるので、以下画像のカフェと運河の間の道を入っていきます。


少し歩くと右側に以下の塔(教会)が見えますので、ここを塔の方向に行きます。↓

塔を越えてすぐの交差点を左折し、しばらく歩いていくと、右手にクリスチャニアの入り口が見えてきます。この木と木の間の小道が入り口です。↓


この入り口を入らずに、元の道を更に直進していくと、クリスチャニアのメインゲートがあります(どちらから入ってもいいです)。↓

プッシャーストリート(Pusher Street)

メインゲートから入ってすぐの通りを直進すると、お土産屋さんやらレストランやらが目に入ってきます。この通りはプッシャーストリートと呼ばれ、大麻の売人(プッシャー)が道の両脇に立っており、異様な雰囲気があたりを包んでいます。店舗はないですが、テーブルの上に大麻を並べて売っているし、遠くから眺めていると声をかけられるので、誰が売人かは一瞬で分かるでしょう。

ちなみに、デンマーク人の友人から聞いたのですが、ハシシやジョイントなど数種類の大麻が売られているようです。葉巻大のジョイント大麻は、安いものは50クローネで、質の良いものは150クローネほどするようです。

※2017年1月現在、1デンマーククローネ = 16.3円

クリスチャニアに売春婦はいるのか?

無法地帯、ドラッグなどと聞くと、売春婦もたくさんいるような気がしてしまいます。しかし、私がクリスチャニアを見た限り売春婦はいませんでしたし、ネットで検索してもそれらしい情報はヒットしなかったため、本当にいないのでしょう。

ちなみに、デンマーク自体売春婦がいるという話はほとんど聞きません。探せばコールガールくらいはいるのでしょうが、噂を全然聞かないので、高額なのか、数が少ないのかのどちらかなのでしょう。

それにしても、売春が合法の国なのに、売春婦を見ないというのはおかしい話ですよね。

hippie-25

▲売春婦ではなく、酔っ払いならたくさんいます。

クリスチャニアの楽しみ方

どうしても大麻の印象が強いクリスチャニアですが、お土産屋さんでクリスチャニアグッズ(クリスチャニアのロゴが入った服やタオル、ライター等)を買ったり、食事を楽しむのも悪くないでしょう。

また、治安は本当にすこぶるいいので、クリスチャニア内でランニングしたり、木々が生い茂るエリアを散策してみたり、何も身構えることなく、ぶらぶらしてみるのもアリです。

chr

▲チベット仏教の塔もあります。探してみましょう。

hippie-3

▲クリスチャニア内には緑も多いです。天気がいい日に散歩をすると気持ちがいいです。

hippie-9

▲テント。

クリスチャニアに関する記事

先進国に現存する地上最後の楽園、クリスチャニア。世界一非常識な場が挑む人類の一大実験とは?(EPOCH MAKERS)

デンマーク社会について紹介する別府大河さんのブログからの記事。クリスチャニアがいかに安全で平和な場所なのかが伝わってくる内容です。

[デンマーク・クリスチャニア]実在する「ヒッピーの楽園」に行ってきた(移住方法も)(世界新聞)

世界の面白スポット等を紹介している世界新聞さんからの記事。写真多めでクリスチャニアの雰囲気が伝わってきます。

この記事ではクリスチャニアへの移住方法もまとめられていますが、日本人が移住したい場合はどうすればいいんでしょうね・・・?まずはデンマークのビザをGETしてからじゃないと、移住申請できないのかな?

いくらクリスチャニアがデンマークから独立しているとは言えども、外交権を持ってるわけじゃないし、ビザ発行機関もなさそうなので、やはり外国人が移住するのは難しいのかな?

どなたか、情報をお持ちでしたらご連絡ください。

最後に

クリスチャニアはデンマーク国内でもトップクラスの観光地であり、日中は外国人観光客でいっぱいです。よって、雰囲気もにぎやかですし、クリスチャニア内では暴力は禁止されているため、そのダークなイメージとは裏腹に、本当に平和な場所です。

ただ、デンマーク人から聞いた話によると、ドラッグ関係のいざこざで数年前に殺人事件が起きたようです。

これは世界のどこに行ってもそうですが、その地域や国がいくら安全だと言われていても例外はあるので、外国である以上目立つ行為は控え、「ここは日本じゃないんだ」という気持ちを常に忘れたくないものです。

画像元サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする