シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人はなぜ英語のスピーキングが苦手なのか?効果的な練習方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSSS85_MBAwonozokujyosei20131019_TP_V

一般的に日本人は英語ができないとよく言われる。

でも実際は、読み書きができる人は多い。

つまり、会話ができないのだ。

今回は、日本人がなぜ会話ができないのか、特に、スピーキングの部分に焦点を当てて、できない理由と勉強法を考えていきたい。

スポンサーリンク

英語のスピーキングができない理由

読み書きはできるけど、しゃべることができないという人は多い。

また、リスニングはできるけど、しゃべれないという人もけっこう多い。

これには以下のような理由がある。

そもそもスピーキングの練習をしたことがないから

学校ではリスニングや読み書きの練習はするけど、スピーキングの練習は基本的にしない。

練習してないことはできるはずがないので、いつまで経ってもできないのだ。

正しい発音が分からないから

日本語にはたくさんカタカナ英語(「テーブル」などの外来語。実際は「テーボー」のように発音する。)があるので、日本人がちゃんとした英語の発音をするのは難しい。

「テーブル」でも通じるのでは無いかと考えがちだが、これが意外に通じないのだ。

これはちゃんと発音を一つ一つ覚えれば克服できるので、日本人が英語を喋れるようになりたければ、ゼロから発音を覚えなければならない。

スピーキング能力向上のためにすべきこと

まず発音記号を全て覚える

「テーボー」を「テーブル」と言ったところで外国人には伝わらない。

どんなに文法や熟語を知っていても、発音が下手だと伝わらないのだ。

だから、まずは発音記号を全て覚えて正しく発音できるようにしよう。

コツは、音声を何度も再生して、何度も自分で真似して発音してみること。

英語特有の発音は多く、舌の位置や口の形、空気の抜き方は日本人にとって至難の業だ。

どの発音の時に口をどう開くか、舌はどこに位置するかなどを覚え、ネイティブの音声を真似して何度も発音してみよう。

※特に「th」「s」「c」「r」「f」「ph」「v」あたりの発音は要注意。全て日本語にない発音である。

よく使うフレーズや文を覚える

英会話はどんな話題でもしゃべれないといけないわけではない。

実は英語の教科書にのっている日常会話は必要なくて、仕事に関係のあるフレーズや文だけ勉強すれば、あなたに必要な英語力は身に着けられるのかもしれない。

そう考えると、覚えるべきことはそこまで多くないはずだ。

必要に合わせて、焦点を絞って一気に覚える。

「選択と集中」で英語を覚えよう!

よく使うフレーズや文を早口言葉のように言えるようにする

よく使うフレーズや文を書き出したままにしてはいけない。

それらフレーズや文を、丸ごと早口言葉のように覚えるのだ。

こうすることで、いざ会話となったときに頭の中で英作文をしなくても、スラスラと文全体を言えるようになる。

本当によく使う言葉は、そのまま言えるようにしておく。

単語ごとに覚えようとするから会話の時に英作文をしなくてはならないのだ。

英会話は実戦で上達する

よく使うフレーズや文をスラスラ言えるようになったら、今度は実際に外国人と英語で会話することをお勧めします。

そうすることで会話の情景が頭にセットされ、言った英語が自分のモノになるからです。

周りに外国人の友達がいる場合は会話の機会が多いでしょうが、外国人の友達がいない場合は、DMMのオンライン英会話がお勧めです。

最初は無料お試し期間もあるので、気軽に始められます。


まとめ

・日本人はそもそもスピーキングの練習をしたことがなく、ちゃんとした発音の練習もしたことがないので、スピーキングに苦手意識をもっている。

・スピーキングが上手になりたかったら、まずは全ての発音記号を覚えて正確に発音できるようにしよう。

・よくフレーズや文を書き出す。

・書き出したものを早口言葉のようにスラスラ言えるようにする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする