SNSでのシェアや保存はコチラ

禁煙のイライラはいつまで?禁煙成功の三つのコツと吸いたい期間

SNSでのシェアや保存はコチラ

禁煙のイライラはなんとかならないのか?

禁煙のイライラはなんとかならないのか?

こんにちは、ゴダ(@oogoda1)です。

わたしは2015年2月からずっと禁煙に成功しています。

それまで10年ほどタバコを吸っていたので、禁煙を始めた頃はけっこうイライラしたものです。

ですが、だいたい2ヶ月ほど経った頃から禁断症状がなくなってきました。

それからというものは、日を追うごとに楽になっていったのを覚えています。

というわけでここでは、禁煙初期のイライラを克服し、禁煙に成功する方法についてまとめていきます。

わたしの経験が皆様のお役に立つことを願っております。

この文章を読んでほしい人

→禁煙のイライラに悩まされている人

→禁煙成功の理由とプロセスを知りたい人

スポンサーリンク

人が禁煙を始める三つの理由

わたしは、人が禁煙を始める理由は大きく三つに分類できると考えています。

それは、

① 健康上の理由

② 金銭的な理由

③ 人間関係による理由

の三つです。

①は、長年タバコを吸ってきた人が健康を害し、仕方なく禁煙を始めるパターンです。

②は、タバコにかけるお金がもったいないなと思って禁煙を始めるパターンです。

③は、新しくできた彼女や転職先の上司などがタバコを嫌いなので始めるパターンです。

(「においが臭いから」というのも③に分類されます。つまり、人から臭いと思われたくない=人間関係の問題なのです。)

わたしの場合は、2015年2月にかかったインフルエンザがヒドすぎて喉が痛くてタバコが吸えなくなり、さらに、ちょうどそのとき貯金もしたかったので禁煙を始めました。

つまり、①健康上の理由 と ②金銭的な理由 の二つが当てはまったのです。

私はもともと1日1箱吸うほどのヘビースモーカーでしたが、結果は見事成功でした。

冒頭にも書いた通り、現在に至るまでタバコは吸っていません。

そして、自分の経験から分かったのですが、わたしが禁煙に成功したのは上記三つの理由のうちの二つが当てはまったからです。

逆にいうと、上記三つのきっかけのうちのどれかが当てはまれは、禁煙を始めることができます。

要するに禁煙は、理由がとても重要なのです。

禁断症状でイライラする期間

タバコの禁断症状にはいくつか種類があります。

具体的には、イライラしたり、寝れなかったり、震えたりと言ったものです。

中でも「禁煙のイライラ」に関しては多くの人が経験しているようです。(私も経験があります)

イライラの期間は数ヶ月あるので、それを乗り越えるのはとても大変です。

ですがここでは、私が禁煙に成功した経験から、イライラにうまく対処する方法を時系列で公開します。

禁煙開始一週間

2015年2月にひどいインフルエンザにかかりました。

(もしかしたら、もっと違う変なウイルスだったのかもしれません。)

この時は人生で一番ひどいインフルエンザであり、合計で10日間くらいは熱がおさまらず、ずっと喉が痛かったのを覚えています。

だから病気になって二日目までは、喉が痛くてタバコが吸えませんでした。

しかし三日目になると喉の調子がちょっと良くなり、タバコが吸えるくらいに回復しました。

いやー、あの時はものすごい葛藤がありましたね。

だって人生で初めて二日間の禁煙に成功したのに、早速吸っちゃうなんてもったいないじゃないですか。

だからあの時は吸おうかどうか考えましたね。

でもあの頃にはすでに起業計画があったので、「今のうちから節約生活に慣れておいた方が楽だよな」と思いとどまることができたんです。

つまり、まさに ①健康上の理由 と ②金銭的な理由 により禁煙生活を始めることができたんですね。

今だから言えますが、もしあの頃の自分に「①健康上の理由」しかなかったならば、きっと禁煙を始めることはできなかったと思います。

<ここまでのまとめ>

禁煙開始の頃は、禁煙のための理由が多ければ多いほどいい。
これは意志があるかどうかではなく、禁煙する理由が多いかどうかの問題。

禁煙開始一ヶ月〜三ヶ月

そんなこんなで始まった私の禁煙生活でしたが、開始一ヶ月の頃にはピンチも訪れました。

まず、禁煙開始して一ヶ月が経ったくらいの頃に沖縄旅行に行きました。

普段はあまり居酒屋には行かないんですけど、その時は遠出したということもあって、居酒屋に行ってみたんですよね。

そしたらびっくり。

居酒屋の雰囲気って、すごくタバコが吸いたくなるんですよね。

よく「お酒を飲むとタバコが吸いたくなる」と言いますが、これはお酒だけに原因があるのではなく、居酒屋の雰囲気にも原因がありますよきっと!

だって周囲のお客さんは楽しそうにタバコを吸ってるし、店頭にはタバコが売ってるし、もう誘惑だらけなんですもん(笑)

でも一緒に旅行した友達がタバコを吸わない人だったので、なんとか我慢することができました。

もしその友達がタバコを吸う人だったら、あの時わたしはタバコを吸っていたでしょう。

そして、禁煙初期にタバコを吸っちゃうと、簡単に喫煙者に戻ってしまうので、今のわたしもタバコを吸っていたことでしょう。

<ここまでのまとめ>

人がタバコを吸っているのを見ると、フラッシュバックのように吸いたい気持ちがこみ上げてきます。

だから居酒屋やバーなどは、タバコへの誘惑が多く危険です。

また、普段から一緒にいる人はとても重要です。非喫煙者と一緒にいると禁煙は成功します。

禁煙開始半年

禁煙して半年経った頃にはすっかり禁断症状がなくなっていました。

開始して三ヶ月目くらいまでは、タバコを吸ってる人を見るとすごく吸いたくなったんですけど、半年目からは全然吸いたいと思わなくなってたんですよね。

むしろ、煙の臭いをかぐと不快感を覚えるほどにまでなったので、この頃には禁煙はほぼ成功していましたね。

<ここまでのまとめ>

一般的に、禁煙してから三週間が経てば体からニコチンが消えるという。

しかし多くの人が数ヶ月経ってもタバコが吸いたい症状が出てしまう。

わたしの場合はそれが半年くらい続いたが、やはり「将来のためにお金を貯めたい」という気持ちと、「過去に何度も禁煙に失敗してるから、せっかくここまできたし続けたい」という気持ちがあっ他ので続けられた。

禁煙開始一年

禁煙開始半年の頃と同様、一年が経った頃も全然吸いたいとは思いませんでした。

よって、後になってつくづく思うのですが、禁煙はやはり最初の数ヶ月が大変です。

その間は禁断症状と吸いたい気持ちがあるので、挫折しちゃう人が多いのでしょう。

最初の数ヶ月を乗り越えるための理由と仲間が大切です。

禁煙成功に必要な三つのコツ

禁煙は強い意志だけでは成功しません。

喫煙中毒は文字どおり「中毒」なのであり、身体的な問題なので、意志ではコントロールできない部分が大きいのです。

(麻薬中毒の人が意志の力だけで麻薬を止められないのと同じです。)

ですのでここでは、上記のわたしの体験をもとに、禁煙成功の三つの方法についてまとめていきたいと思います。

禁煙を始める理由があること

上にも書きましたが、人が禁煙を始める理由は以下の三つに分類されます。

健康上の理由

② 金銭的な理由

③ 人間関係の理由

これからのうち一つがあれば禁煙はスタートできますが、理由は多ければ多いほど好ましいです。

また、これらの理由があって禁煙を始めても、その後の禁煙生活には様々な誘惑があります。

また、禁煙を始めて数ヶ月は禁断症状も現れますので、うまく禁煙を始めることができても、すぐにギブアップしてしまう人は多いです。

禁煙を支えてくれる存在がいること

禁煙を始めることができても、周囲の人間が喫煙者では、誘惑に負けてしまいます。

逆に、禁煙をサポートしてくれる友人や恋人がいると、成功する確率は高まります。

こればかりは「こいつはタバコを吸うから付き合わない」のように人間関係を決めることができないので難しい問題です。

ただ、あなたの友人が喫煙者であっても、あなたの禁煙に協力してくれるような人であれば、それはいい友人だと言えるでしょう。

逆に、貴方をからかうつもりで「タバコ吸うか?」と誘惑してくるような友達だったらちょっと残念ですよね・・・。

居酒屋やバーに行かないこと

仕事でストレスがたまると酒とタバコに走っちゃいます。

また、居酒屋やバーの雰囲気は、タバコが吸いたくなる雰囲気です。

できれば居酒屋やバーに行かないようにして、違うストレス解消法を見つけましょう。

喫煙者の言い訳

喫煙者はいろいろタバコをやめられない理由を言います。

でもほとんどの喫煙者は、実は心の中では「できることならタバコなんてやめたい」と思っています。

ここでは、喫煙者がよく言う三つの言い訳を列挙しました。

自分もこれらの言い訳を言い始めたら黄色信号点灯のサインですので、注意が必要です。

言い訳①:タバコミュニケーションは重要

よく「タバコミュニケーションは重要」と言う人がいます。

ですが、その逆を返せば「タバコ吸わないコミュニケーション」もあります。

つまり、タバコを吸わない人は吸わない人同士で仲良くなると言う意味です。

また、タバコ室で上司とかと仲良くなれると主張する人もいますが、それは仕事ができていることが前提です。

仕事ができないのにタバコミュニケーションばかりに力を入れていたら、それはタダのバカかごますりでしょう。

とにかく、タバコを吸わずに仕事ができるのが最高ですよね。

言い訳②:タバコを吸わないとストレスが溜まる

タバコを吸わないとストレスが溜まると言う人がいます。

ですが、禁煙が成功した今では、タバコの煙を吸った方がストレスが溜まります。

つまり、タバコを吸っている人はただ中毒になっているだけであり、非喫煙者から言わせると煙はストレスです。

言い訳③:他に趣味なんてないしタバコくらいいいじゃん

たまに、趣味が全然なくて酒とタバコくらいにしか興味がない人がいます。

そう言う人は悲しい人ですね。

人生において好きなことが酒とタバコくらいしかないなんて。

世界はもっと広いです。

新しい流行や技術もどんどん生まれています。

中毒のことを趣味であるかのように言って自分をごまかすのは寂しいことです。

世界はもっと楽しいことで溢れているので、タバコなんてさっそとやめて、タバコを買う金と吸ってる時間を使って、何か新しいことをしましょうよ。

禁煙が成功すると世界が変わる

禁煙が成功すると世界が変わります。

これは何も大げさに言っているわけではありません。

まず、口臭がなくなります。

口臭対策はマナーです。

口臭がなくなると人間関係が変わります。

また、痰が減り、肺や喉の痛みが消えます。

私も、喫煙していた頃はずっと肺が痛かったのを覚えています。

いま思うととても怖いんですけど、あの頃は寝る前でも肺が締め付けられるような痛みがありました。

だから毎日「いつか俺は肺の病気になっちゃうんじゃないか」と思って恐怖と戦ってました。

でもタバコをやめて数週間経ってから、肺の痛みが嘘のようになくなりました。

医者に行ってないのでどういう症状かは知りませんが、あのまま禁煙してなかったら、近い将来肺の病気になってたかもしれません。

あとは、お金が全然減らなくなりました。

ATMに行く回数も減ったし、コンビニに行ってタバコを買うロスタイムもなくなったし、喫煙所を探すロスタイムも減りました。

人生において、つかえる時間とお金が増えました。

これはとてもいいことだと思います。

まとめ

・禁煙を始める理由は「健康、金銭、人間関係」の三つに分類されます。

・私の場合はインフルエンザにかかって喉が痛かったのと、将来のために貯金をしておきたいのが理由でした。つまり、健康と金銭に関する理由でした。

・周囲の人間があなたの禁煙に協力的か否かは重要です。

・居酒屋やバーには誘惑が多いです。お酒の場では人はタバコが吸いたくなります。

・上記ポイントを抑えて半年~一年を乗り切ることが大切です。逆に言うと、禁煙開始後の数ヶ月は非常に危険です。禁断症状もあります。(寝れない、震える、イライラする等)

・タバコを吸うことに対して言い訳をしないこと。例えば、「職場でのタバコミュニケーションは重要」とかそういう考え方を改める。仕事ができてればタバコを吸ってても吸ってなくても上司から評価されます。

・禁煙が成功すると世界が変わります。



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー