【ニートの末路】ニートは親が死んだら(死亡したら)どうなるか

ニートは親が死んだらどうなるのか

ニートは親が死んだらどうなるのか?

この記事では「ニートは親が死んだらどうなるのか?」について考えていく。

なお、この記事はニートの是非を問う内容ではないので、ニートを安易に否定したりはしない。

スポンサーリンク

ニートは親が死んだらどうなるか?

親の財産がある場合

額にもよるが、親の資産がある場合は問題がないだろう。

ただ、いくら親の資産がたくさんあっても、ニート本人のお金の教育が足りなかったら、すぐに資産を食いつぶしてしまう。

だから「金の卵を産むニワトリ」の話を教訓に、絶対にニワトリ本体を失わないようにしなければならない。

すなわち、親が生きている間に、お金の教育をしておく必要があるということだ。

職歴やスキルはあるが、精神疾患が原因でニートをしている場合

過去に一度就職したことがあるニートは、能力的には再就職できる。

しかし精神疾患は非常にやっかいなもので、この場合はいくら就業経験があっても簡単には社会復帰できない。

ただ幸いなことに、世の中にはニートや精神疾患の人を支援する組織が多く存在する。

「そんな組織に連れていっても意味がないのでは?」と思うかもしれないが、このような組織は社会復帰できる工夫を色々としているらしい。

例えば、対人恐怖症の人には農業やパン作りなど、他人とコミュニケーションを取らなくてもできる仕事を教えている。

生活保護という手もある

身体や心に障がいがある人は生活保護を受けることもできる。

日本人はなぜか生活保護を受けることに抵抗があるが、これは国が決めた制度なので、堂々と受け取るべきだろう。

ただ、心身ともに健康なニートが生活保護を受け取るのは非常に困難だ。

心身ともに健康なのに、ただやる気がない場合

精神疾患や身体障がいがあって仕事ができない人は生活保護を受け取ることができる。

しかし、ただ仕事がしたくなくてニートをしている人は、生活保護を受け取ることができない。

だからこのタイプのニートは親が生きている限りは問題がないが、親がいなくなったら人生ハードモードに突入する。

解決策としては、親が生きている早いタイミングで、親がニートに対し経済的支援をしないとはっきり伝えることだろう。

誰でもできるようなバイトをするしかない

生活保護が受けられない上に、誰にも頼ることができないとなると、やはり最後は自分でバイトをするしかない。

正社員になることができればいいが、30歳を過ぎてスキル・経験がない人は就職が難しい。

だから工場のような場所で単純労働をするのが精一杯だろう。

でも給料が高くないので、社会保険や年金を払うのは至難の技のはずだ。

とはいえ今日食える飯がないのに未来のことを心配しても意味がない。

とりあえずは今日食べていく分を確保するため、すぐにでもバイトにいくことになるだろう。

【製造業のお仕事を探す】

それでも働きたくない場合は、こじきになるしかない

バイトすらしたくないニートは、もうこじきになるしかない。

これからの時代は稼ぎ方・生き方が多様化してくる

それでもこれからの時代は、生き方や働き方が多様化し、極力働かずに生きていくことも可能になる。

だからニートに優しい時代になっていくと言っても過言ではないだろう。

例えば、ネットビジネスをやって1日中だれにも会わずに稼ぐことは現時点でもわりと簡単だ。

また、物価の低い国に移住して月3〜4万円くらいで過ごすことだってわりと簡単にできる。

さらに、今後は様々なネットサービスなどが台頭し、稼ぎ方・生き方が今以上に多様化していくと思われる。

だから実はニートや引きこもりなどマイノリティにとって優しい時代が来ているのだ。

スポンサーリンク

ベーシックインカムが導入されればラッキー

いつになるかは分からないが、ベーシックインカムが導入される可能性だってある。

人工知能やロボットが人間の代わりに稼いでくれるようになれば、ベーシックインカムの導入も夢ではないだろう。

ただ、繰り返すが、これはいつ実現されるか全く分からないのであまり期待してはいけない。

スポンサーリンク

最後に

いつの時代にもマイノリティは存在する。

それでも、ネットビジネス、海外移住、ベーシックインカムなどにより、マイノリティがどんどん生きやすくなっていることは確かだ。

かくゆう私も企業ではあまり働けない(働きたくない)タイプなので、今の世の中のように様々な収益源がある世の中になったのは本当にありがたいことだ。

できないことはできないとしながらも、時代の恩恵を受けながら柔軟に生きていくことができたらと思う。

<以下記事にブログで稼ぐ方法を記載しています>

アフィリエイト月収1万円達成!ブログ100記事と収益の関係はない

ブログ200記事達成!アクセス(PV)&アフィリエイト収入の報告と、ブログに対する考え方の変化

どうぞ参考にしてみてくださいねっ!