SNSでのシェアや保存はコチラ

インバウンド需要や中国人旅行者に関して危ういと思うこと

SNSでのシェアや保存はコチラ

JS721_sakurawotorugaijin-thumb-autox2000-15265

最近テレビや雑誌などで「インバウンド需要」という言葉をよく耳にします。

各方面でマーケットが飽和している日本ですが、インバウンドに関しては成長していく分野だと言われています。

インバウンドは今伸びている分野なので、「このタイミングを逃すな!」という論調が多かったり、実際にインバウンドに特化した企業が増えたりしています。

私もインバウンドは成長分野だし、日本にとってはありがたい状況であるとは思います。

ただ、インバウンドに関して危ういと思うこともあるので、今回はそれについて書いていきます。

ではまず最初に、「インバウンドとは何か?」について書いていきます。

スポンサーリンク

インバウンドとは何か?

インバウンド

外国人旅行者を自国へ誘致すること。日本においては、海外から日本へ来る観光客を指す外来語。行政の対策として「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2002」に従い2002年(平成14年)から始まったビジット・ジャパン・キャンペーンで知られる。

引用:wikipedia

訪日外国人旅行者を自国へ誘致することを「インバウンド」と言い、それら旅行者を相手にした商売のことを「インバウンドビジネス」と言います。

なぜインバウンド需要が生まれたのか?

なぜインバウンドがここにきて盛り上がっているのでしょうか?

一般的には以下のような理由があると言われています。

・アジア各国の経済が成長し、旅行できるほど金持ちになった。

・ここ数年は円安であり、安く日本旅行ができるようになった。

・ビザが緩和された国が多い。

・LCC(格安航空会社)の増加。

・・・etc。

訪日外国人旅行者について

訪日観光客数はうなぎのぼりで増えています。

2015年に日本を訪れた外国人の数は約1,973万7千人で、過去最高でした。

2015年に日本を訪れた外国人の国別ランキング(トップ10)は以下の通りです。

人数
一位 中国 4,993,689
二位 韓国 4,002,095
三位 台湾 3,677,075
四位 香港 1,524,292
五位 米国 1,033,258
六位 タイ 796,731
七位 豪州 376,075
八位 シンガポール 308,783
九位 マレーシア 305,447
十位 英国 258,488
単位(人)

日本政府観光局

この表を見て分かる通り、韓国を抜けばトップは中国、台湾、香港の中華圏の国で独占されています。

ですので中華圏を制するものはインバウンドを制す、と言っても過言ではないかもしれません。

中華系の人との接し方を学ぼう

中国、香港、台湾・・・。

中華系の国からの訪日観光客は多いので、ぜひこれらの国の人々のことを研究したいところです。

もちろんこれらの国は、政治的にも歴史的にも本人たちのアイデンティティも、何もかもが違います。

だけど文化や習慣、言語面をはじめ、似ている部分も多いです。

例えば中華系の人は、レストランでは食べきれないほどの量を注文します。

日本人の感覚から言うともったいないですが、中華系はとりあえず美味しそうなものを注文しまくります。

これは、「食べきれないほど量が多いということは豊かである」という考えから来ています。

だから中華系の人相手には量が多い方がいいし、もちろん、食べ放題メニューが喜ばれる傾向にあります。

他にも女性への贈り物で靴を選ばない(女性が家から出て行ってしまう)とか、そういう中華系独自の考え方があったりするので、彼らの考え方や習慣を理解しておくのは、インバウンドビジネスにおいて非常に重要なポイントです。

この目で見て実感した爆買いの凄さ

私は2016年3月まで五年間台湾にいました。海外勤務です。

ですので外国人旅行客の爆買いについてはニュースで知っていたけど、実際に見たことはありませんでした。

ところが2016年1月に大阪に行く用事ができ、これはいい機会だということで、難波~道頓堀界隈の外国人旅行者を見に行きました。

すると散歩してみてビックリ!

道頓堀付近が中華系やら韓国人やらでごった返していて、感覚としては道頓堀にいる人の四割くらいは外国人だったんですよ。

特にドラッグストアなんてほとんど外国人だけでした。

日本の薬はアジアのお客さんに人気のようですね。

ニュースで知った情報が目の前の光景とリンクされた瞬間でした。

インバウンドビジネスは右肩上がりの分野なのか?

こんなに盛り上がってるインバウンド業界ですが、このまま順調に行くんですかね?

政府は訪日観光客数に関する数値目標を立てていますが、これは日本の努力だけでなんとかなる問題ではないです。

日本がどんなアピールしても、外国で経済が悪化したり、日本との関係が悪化したりしたら、来なくなるかもしれません。

この通りインバウンドは日本がコントロールできない部分が大きいので、ずっと右肩上がりで伸びていくとは言えないと思われます。

中国という国について

ご存知、中国は共産党による一党独裁の国です。

中国は共産党の決定で国の方針がコロコロ変わります。

若い人には信じられないかもしれませんが、1980年代の日本と中国は友好ムードに包まれており、今みたいな険悪なムードはありませんでした。

それが、天安門事件を経験し鄧小平の時代になって、反日へと方向転換しました。

他にもいろいろ、中国近現代史を知ると、方針がコロコロ変わってきたことが分かります。

これは、そのときの指導者が共産党内の権力闘争で自分に有利になるように、自分で勝手に過去を解釈するのです。

だからその時その時で国の方針が変わるのです。

だから中国との取引は難しいです。リスキーです。

インバウンドに関していうと、共産党の一声で訪日旅行客数を制限することもできます。

「そんなことしないでしょ」と思ってる人はあまいです。

2015年の上海株暴落のときも、空売りする投機家を逮捕するという動きにでました。

つまり、国の経済に不利な売り買いをする人を取り締まったのです。

これは自由経済の国ではありえないことです。

きっと世界中の人が驚いたことでしょう。

ですから断言できます。

今のうちに稼ぐのは正しいですが、中国人旅行客がいつまでも増加するという前提で商売をしていると、いつか痛い目に遭います。

個人的な意見

中国人旅行者は増え続けないでしょう。

それでも、中国人の給与が上がり続ける間は、まだまだ旅行者は増えるでしょう。

だから現在中国人やその他のアジア人相手に商売をするのは間違った行動ではないはずです。

でも、本当に大切なことは他国にぶら下がるような発想ではないです。

本気で経済をよくしたいなら、少子化対策とか、ベンチャーやテクノロジーの支援とか、そういう社会の基盤みたいなところから改善していくしかないのではないでしょうか?

まあ、短期的にはインバウンドで売りまくる方が簡単なので、インバウンドで盛り上がっちゃう気持ちは分かるんですけど・・・。

まとめ

・訪日外国人旅行者を自国へ誘致することを「インバウンド」と言い、それら旅行者を相手にした商売のことを「インバウンドビジネス」と言う。

・訪日外国人の中で最も多いのは中国人。

・三位は台湾人で、四位は香港人。中華系旅行者との接し方を学ぼう。

・中国は独裁国家。共産党の一声で方針は変わる。訪日観光客数もコントロールできてしまう。

・中国人旅行者が増えるづける前提で商売していたらいつか痛い目に遭う。

・他国にぶら下がるのではなく、自国を整えたい。



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー